「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋

更新日:平成29年10月2日

大地の芸術祭の里 越後妻有2017秋

いよいよ来年の「大地の芸術祭2018」に向け、新作の準備が本格化。「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋は、新作先行公開を3か所で展開! 廃校作品では、パフォーマンスイベントやワークショップを開催。新米のお食事が堪能できるイベントも。秋の風景とともに、お楽しみください。

【開催日】平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋

大地の芸術祭2018新作先行公開 第3弾

清津倉庫美術館 「磯辺行久の世界 ― 記号から環境へ」

磯辺行久の世界

清津倉庫美術館は来春、隣接する校舎棟を一体化して大きく生まれ変わります。新しい美術館は磯辺行久の膨大な作品群を所蔵するなど、本格的なミュージアムとなりますが、この秋、期間限定でその一部を先行公開します。

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
時間 午前10時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
料金 一般500円、小中学生250円
※2017秋共通チケット提示で1回入場可

清津倉庫美術館 「磯辺行久の世界 ― 記号から環境へ」

越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館

この秋、十日町市街地にオープンする「越後妻有文化ホール」。越後妻有の広域サインをデザインしたジョゼ・デ・ギマランイスによる緞帳と彫刻作品を特別公開!屋外には彫刻作品も。夜は、近年「越後妻有 雪花火」の会場で、雪原の光の花畑「Gift for Frozen Village」を手掛ける高橋匡太によるライティング作品をご覧いただけます。

料金=無料

SNOW OF SPRING

ジョゼ・デ・ギマランイス
「SNOW OF SPRING」(ホール内緞帳)

公開日時=平成29年11月4日(土曜日)~10日(金曜日) 午前10時~午後4時

THE BIRTH OF THE SPRING

ジョゼ・デ・ギマランイス
「THE BIRTH OF THE SPRING」(屋外作品)

光り織

高橋匡太「光り織」

公開日時=平成29年11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日) 午後6時~午後9時

越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館「段十ろう」

松代エリア

ドクターズ・ハウス

イ・ブル「ドクターズ・ハウス」

大地の芸術祭2015で、かつて病院だった空家に、鏡を用いたインスタレーションを展開したイ・ブルの作品がリニューアル。

Lee Bul. Conceptual sketch for Doctor's House installation at Echigo-Tsumari Art Triennale, 2017.
Courtesy: Studio Lee Bul.

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
時間 午前10時~午後4時
料金 一般500円、小中学生250円
※2017秋共通チケット提示で1回入場可

秋の企画展

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

キナーレ企画展

「石川直樹ポストカード&Tシャツ販売」

芸術祭2012の公式カメラマン、石川直樹の写真がグッズに。グッズとあわせて未公開写真も公開。

グッズデザイン=佐藤卓デザイン事務所

概要
日程 平成29年10月7日(土曜日)~12月10日(日曜日) 水曜休館
時間 午前10時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
料金 一般800円、小中学生400円(常設展入館料を含む)
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]「石川直樹ポストカード&Tシャツ販売」

まつだい「農舞台」・まつだい郷土資料館

農舞台企画展

三宅信太郎「まつだいを描く」

三宅信太郎がチョークを使い、「黒板の教室」全体をドローイングで埋め尽くします。公開制作も開催!

公開制作日=平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)

©Shintaro Miyake 2013‐2014

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)~11月26日(日曜日) 水曜休館
時間 午前10時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
場所 まつだい「農舞台」
料金 一般600円、小中学生300円(まつだい郷土資料館入館料含む)
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

「灯りの明暗」

隣接するまつだい郷土資料館では、「灯りの明暗」展を開催。人の営みに欠かすことのできない「灯り」について、郷土に伝わる照明器具から現代の電球まで一堂に展示します。

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)~11月26日(日曜日) 水曜休館
時間 午前9時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
場所 まつだい郷土資料館
料金 一般600円、小中学生300円(まつだい「農舞台」入館料含む)
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

まつだい郷土資料館「灯りの明暗」

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

絵本と木の実の美術館企画展

「もしもしマムシ?なーにしてらん?」

来年夏に迫った「大地の芸術祭2018」プレエキシビジョン企画。少年の心を持った詩人アーサー・ビナードと画家・田島征三が、まわりから嫌われる「マムシ」の気持ちを詠みます。

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)~11月28日(火曜日) 水曜・木曜休館
時間 午前10時~午後4時(最終入館 午後3時30分)
料金 一般700円、小中学生300円
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

絵本と木の実の美術館 2017秋企画展 「もしもしマムシ?なーにしてらん?」

清津倉庫美術館

清津倉庫美術館企画展

「磯辺行久の世界 ― 記号から環境へ」

来春、隣接する校舎棟を一体化して大きく生まれ変わる美術館の一部を先行公開!

清津倉庫美術館企画展

【同時開催】
「川俣正 - Crossroads」

体育館棟では、春・夏の限定公開で話題を呼んだ展示を再び公開。最後の公開となりますので、お見逃しなく。

Photo by Osamu Nakamura

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
時間 午前10時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
料金 一般500円、小中学生250円
※2017秋共通チケット提示で1回入場可

清津倉庫美術館 「磯辺行久の世界 ― 記号から環境へ」

清津倉庫美術館 2017企画展 「川俣正 - Crossroads」

「森の学校」キョロロ

キョロロ企画展

「美人林ものがたり-里山の美しきブナの森の秘密-」

息を飲む美しさと称されるブナ林「美人林」。なぜ里山のブナ林は美しいのか、ブナと人の物語から紐解きます。

概要
日程 平成29年10月7日(土曜日)~平成30年7月1日(日曜日) 火曜休館
時間 午前9時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
料金 一般500円、小中高生300円、小学生未満無料(市内の小中学生は常時無料)
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

「森の学校」キョロロ 「美人林ものがたり-里山の美しきブナの森の秘密-」

奴奈川キャンパス

奴奈川キャンパス企画展

中国ハウスプロジェクト展

アーティスト親子の室野滞在記の写真や、夏に開催した似顔絵を描きあうワークショップの作品などを展示。

参加作家=Eico(イコ)、王茂(ワンマオ)、李烁(リョウメイ)、蒋悦(ジャンエツ)ほか

概要
日程 平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
時間 午前10時~午後4時(最終入館 午後3時30分)
料金 一般500円、小中学生250円
※2017秋共通チケット提示で1回入場可
企画 HUB ART PRODUCTION 瀚和文化

奴奈川キャンパス 「中国ハウスプロジェクト展」

ギャラリー湯山

ギャラリー湯山企画展

「変貌する彫刻」

いま<彫刻>は素材も、技法も、概念も大きく変わってきています。10人の作家が各人各様の切り込みで変貌する彫刻の今を掲示します。

概要
日程 平成29年9月16日(土曜日)~11月12日(日曜日) 土日祝日のみ
時間 午前10時~午後4時
料金 一般300円、小中学生150円
※2017秋共通チケット提示で平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)のうち1回入場可

ギャラリー湯山 「変貌する彫刻」

イベント

食の秋、芸術の秋、スポーツの秋。毎週末、越後妻有の秋を楽しむさまざまなイベントが開催されます!

「うぶすなの家たわわに実る秋の収穫祭~棚田でおにぎり&うぶすなの家でお餅つきの会~」

うぶすなの家

うぶすなの家で出すお米は美しい棚田のもの。山道をみんなで散歩し、棚田の展望台で新米おにぎりを味わい、うぶすなの家では、つきたての餅とお母さんたちが作る絶品料理でおもてなし。

概要
日時 平成29年10月28日(土曜日)
午前10時~午後2時
会場 集合:うぶすなの家
料金 一律3,000円 ▼要予約
※JR飯山線下条駅から無料送迎あり(要予約)
注意事項 車で棚田方面へ移動し、棚田を鑑賞する展望台まで30分程度歩きます。歩きやすい靴でお越しください。天候によっては棚田の鑑賞を中止させていただきます。

うぶすなの家たわわに実る秋の収穫祭~棚田でおにぎり&うぶすなの家でお餅つきの会~

「鬼太鼓座 with 清津峡樽ばやし保存会公演」

鬼太鼓 with 清津樽ばやし保存会公演

「磯辺行久の世界」展の公開を記念して、磯辺と深い親交のある鬼太鼓座が迫力一杯の公演を行います。地元清津峡の樽ばやし保存会との共演も。

出演=鬼太鼓座、清津峡樽ばやし保存会

概要
日程 平成29年10月29日(日曜日)
午後2時開場、午後2時30分開演
会場 清津倉庫美術館
料金 一般前売1,000円(当日1,500円)
小中学生前売500円(当日800円)

鬼太鼓座 with 清津峡樽ばやし保存会公演

奴奈川キャンパス 秋のイベント

続 「大地のおくりもの」を彫ろう

続「大地のおくりもの」を彫ろう

さくらプロジェクト植樹祭

さくらプロジェクト 植樹祭 第二弾

続「大地のおくりもの」を彫ろう!

2015年から彫り続けられている作品「大地のおくりもの」の制作に参加しませんか?

作家=鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志

概要
日時 平成29年10月29日(日曜日)
午前10時~午後4時(午前12時~午後1時は昼休み)
料金 一律1,000円 ▼予約不要

さくらプロジェクト 植樹祭 第二弾

昨年植えた20本の桜の木。来年の芸術祭に向けて、新たに数十本の桜を地域の方々と一緒に植樹します。

概要
日時 平成29年10月29日(日曜日)
午前11時~午後2時
料金 無料 ▼予約不要

FC越後妻有 U-15サッカー教室

農業女子サッカーチーム「FC越後妻有」と一緒にサッカーしましょう!どなたでも参加できます。

講師=FC越後妻有

概要
日時 平成29年10月28日(土曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、12日(日曜日)
午前10時受付、午前10時30分~正午12時
料金 一律500円 ▼要予約

続・大地のおくりものを彫ろう!

さくらプロジェクト 植樹祭 第二弾

FC越後妻有 U-15 サッカー教室

莇平集落&明後日新聞社の収穫祭

収穫祭の様子

米の収穫、朝顔の種の収穫を皆で喜び、祝い、感謝する秋の収穫祭。活動のあとは、おいしいお昼ご飯をご用意。集落の皆さんといっしょに、もちつきや交流を楽しみます。

概要
日時 平成29年10月29日(日曜日)
午前8時30分~午後2時30分
会場 明後日新聞社文化事業部
料金 500円 ▼要予約

莇平集落&明後日新聞社の収穫祭

モリアオガエルクラブ-北川フラム幹事による、野の師父(松山金一)と巡る里山散策

モリアオガエルクラブ

里山に咲く植物や、昆虫や小動物を観察し眺めながら、農舞台裏の城山を散策するクラブ。里山の達人が解説します。

概要
日時 平成29年10月29日(日曜日)
午前9時15分~(2時間弱)
会場 まつだい「農舞台」周辺
料金 一般500円、小中学生無料 ▼要予約

モリアオガエルクラブ 「北川フラム&野の師父と歩く城山‐カエルと出会いに」

「マムシになる ゆうき ~アーサー・ビナード×田島征三 炬燵トークバトル~」

絵本と木の実の美術館企画展イベント

「嫌われる勇気、ありますか?」毒を持つ「マムシ」の気持ちを考えてみる。生き物に寄り添い続ける二人の作家がトークでバトル!

概要
日時 平成29年11月3日(金曜日・祝日)
午後2時~午後4時
会場 絵本と木の実の美術館
料金 一般800円、小中学生以下無料(甘酒つき・入館料別途) ▼要予約

絵本と木の実の美術館 「マムシになる ゆうき ~アーサービナード×田島征三 炬燵トークバトル~」

上郷クローブ座レストラン「風野又三郎」~秋~

上郷クローブ座レストラン

この夏、満員御礼となった地元女衆による演劇仕立てのおもてなしレストラン。食欲の秋、津南産の食材をふんだんに使った秋バージョンでお届けします。

脚本・演出=野津あおい
共同演出=星茉里
料理演出=EAT&ART TARO
協力=一般社団法人サンプル

Photo by Yuuki Hattori

概要
日時 平成29年11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
正午12時~午後1時
会場 越後妻有「上郷クローブ座」
料金 一般2,000円、小学生以下1,000円 ▼要予約

上郷クローブ座レストラン「風野又三郎」~秋~

珍しいキノコ舞踊団「キノコの部屋~♪ルゥルルルルル~」

珍しいキノコ舞踏団

珍しいキノコ舞踊団が、トークを交えながら踊ります。間近で繰り広げられるパフォーマンスをお楽しみください。

概要
日時 平成29年11月4日(土曜日) 午後4時30分~
平成29年11月5日(日曜日) 午後3時~
会場 まつだい「農舞台」
料金 一般1,000円、中学生以下500円
※まつだい「農舞台」、まつだい郷土資料館入館料含む

珍しいキノコ舞踊団「キノコの部屋~♪ルゥルルルルル~」

オーストラリア・ハウス秋の会

オーストラリア・ハウス秋の会

地元浦田地区とゲスト・参加者との交流祭。ペーパーディジリドゥーづくり、ゲーム、アーティストの作品鑑賞の他、新米と秋の味覚の詰まったお弁当と浦田太鼓も楽しみます。オーストラリア・ハウスの雪囲い作業もぜひどうぞ。

概要
日時 平成29年11月5日(日曜日)
午前9時30分~午後1時交流祭、午後1時30分~午後2時20分雪囲い
会場 旧浦田小体育館、オーストラリア・ハウス
料金 1,000円(参加費+昼食) ▼要予約
※まつだい駅からの送迎あり

オーストラリア・ハウス2017秋の会

ベビー・ピーの旅芝居「風あこがれ」

ベビー・ピーの旅芝居

歴史劇、SF人形劇、恋愛劇の3編からなる旅芝居。全国を巡回し、その土地の息遣いを吸収し変化、深化していく演劇…。計37の公演地を経て、辿りついた最終地、上郷クローブ座での公演を目撃せよ!

作・出演=根本コースケ
出演=柳原良平、小林欣也、鈴木翠、徳山まり奈、根本コースケ

概要
日時 平成29年11月11日(土曜日)
午後1時30分開場、午後2時開演
会場 越後妻有「上郷クローブ座」
料金 前売一般1,000円(当日1,200円)、前売小中学生500円(当日800円)
※レストラン共通チケット 一般のみ2,500円

ベビー・ピーの旅芝居 「風あこがれ」

絵本と木の実の美術館「空間絵本 de ナイトミュージアム」

ナイトミュージアム

今年の春夏と好評のナイトミュージアム。この秋も光と影、音による演出で、子どもたち扮する「おせなかさん」が夜の「空間絵本」の旅へご案内します。

概要
日時 平成29年11月11日(土曜日)
午後6時~午後8時30分(最終入館 午後8時)
会場 絵本と木の実の美術館
料金 無料(入館料別途)

絵本と木の実の美術館 「空間絵本 de ナイトミュージアム」

KEENと歩くマタギの里・秋山郷 秋の紅葉トレッキング

KEENトレッキング

アウトドア・フットウェア・ブランドKEENのトレッキングシューズを履いて、マタギの里・秋山郷を歩こう!晩秋の自然の中、「かたくりの宿」特別ビュッフェランチで秋の味覚も堪能。

Photo by Osamu Nakamura

概要
日時 平成29年11月12日(日曜日)
午前10時~午後5時
料金 一般4,500円、中学生以下3,000円 ▼要予約

KEENと歩くマタギの里・秋山郷 秋の紅葉トレッキング!

地元の食材を活かした料理をお届け。新米など越後妻有の秋の味覚をお楽しみください。

越後まつだい里山食堂

越後まつだい里山食堂

GAKUSYOKU

GAKUSYOKU
Photo by Ayumi Yanagi

・越後しなのがわバル(キナーレ内/水曜休館)
・越後まつだい里山食堂(農舞台内/水曜休館)
・Hachi Café(絵本と木の実の美術館内/水曜・木曜休館)
・GAKUSYOKU(奴奈川キャンパス内)

※上郷クローブ座レストランも開店
※GAKUSYOKUは平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)のみ営業

越後妻有2017秋 食

泊まれるアート&小学校

空家や廃校を活用したアートな宿に宿泊することができます。トップアーティストの作品世界や地域の文化を感じることのできる、ここだけの宿泊体験をぜひ。ご予約受付中!

夢の家

マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」
Photo by Anzaī

脱皮する家

鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志
「脱皮する家」
Photo by Kazue Kawase

【対象施設】
・夢の家
・脱皮する家
・うぶすなの家
・光の館
・オーストラリア・ハウス
・三省ハウス
・秋山郷結東温泉かたくりの宿
・越後妻有「上郷クローブ座」

※光の館、オーストラリアハウス、三省ハウスは見学もできます。

越後妻有2017秋 泊まれるアート&小学校

限定オープン作品

7日間限定で、空家・廃校作品を開館します!大地の芸術祭の名作をゆっくりお楽しみください。

Lost Winter

レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」
Photo by Osamu Nakamura

Air for everyone

アン・ハミルトン「Air for Everyone」
Photo by Osamu Nakamura

概要
公開作品 Bubb & Gravityfree with KEEN 「出逢いDEAI」
アン・ハミルトン「Air for Everyone」
レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」
オーストラリア・ハウス
川俣正「CIAN:地域芸術研究所」
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」  ほか
公開期間 平成29年10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)
午前10時~午後4時
料金 300円~500円
※2017秋共通チケット提示で1回入館可

越後妻有2017秋 限定オープン作品

日帰りツアー

越後妻有2017秋 日帰りツアー

大地の芸術祭の里「日本三大渓谷清津峡の紅葉と絵本と列車をめぐる旅」

日本三大渓谷清津峡の紅葉とおすすめアート作品、お昼は新米など秋の味覚満載の越後まつだい里山食堂の「里山ビュッフェ」を楽しめます。里山の秋を堪能する日帰りツアーです。

概要
出発日 平成29年10月29日(日曜日)、11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)
出発/解散 越後湯沢駅東口
料金 一般10,800円、小人8,000円(作品鑑賞料、昼食代、バス代、保険代等含む)
主催 越後交通株式会社

越後妻有2017秋 日帰りツアー

越後妻有2017秋 共通チケット

秋の企画展や空家・屋外作品すべてを楽しめるとてもお得な共通チケットです。
レストラン、ミュージアムショップの割引特典付きなので、越後妻有を思う存分満喫できます!

概要
有効期限 平成29年10月28日(土曜日)~11月12日(日曜日)
料金 一般2,000円、小中学生500円(小学生未満無料)
共通チケット提示で期間中作品や施設が1回見学できます。
販売場所 十日町市総合観光案内所、キナーレ、農舞台、越後妻有オンラインショップ ほか

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 芸術祭企画係 

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-2637
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら