天皇杯第96回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技

更新日:平成29年2月6日

天皇杯第96回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技が開催されました

 1月25日から28日にかけて天皇杯第96回全日本スキー選手権大会クロスカントリー競技が、FIS国際スキー連盟公認吉田クロスカントリー競技場において開催されました。
 25日の開会式では、232名の参加選手を代表して、地元十日町高校出身の小林由貴選手が力強く選手宣誓をしました。2年連続6回目の開催となった今大会。3日間、吉田クロスカントリー競技場を舞台に、日本トップクラスの選手が出場し、日本一を目指し白熱したレースが繰り広げられました。
 その結果、小林由貴選手(岐阜日野自動車)が、圧倒的な強さを発揮しスプリント競技、ディスタンス競技の2種目で優勝しました。また、男子では、当市出身の宮沢大志選手(ジェイアール東日本)がスプリント競技で2位、ディスタンス競技で優勝しました。国際スキー連盟公認レースということで、公式成績は瞬時に国際スキー連盟のホームページに配信され、開催地十日町市の名前が世界に情報発信されました。

選手宣誓をする小林由貴選手

小林由貴選手

宮沢大志選手

全日本スキー選手権大会に関する情報、結果は下記リンク先でご確認ください。

十日町市スキー協会

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 スポーツ振興課 スポーツ振興係

所在地:〒948-0192 新潟県十日町市水口沢12番地(川西庁舎3階)
直通電話番号:025-756-5013
ファックス番号:025-768-3161

メールでのお問い合わせはこちら