夏休み親子自由研究サポート 縄文土器つくろう!

更新日:令和2年6月21日

「国宝・火焔型土器」で知られる笹山遺跡で、親子で縄文土器作りを題材にした自由研究をしませんか。縄文土器に関する様々な形の自由研究を学芸員が優しく丁寧にサポートします。
工作コースと、工作+壁新聞コースがあります。

イベントのPR

日時

工作コース

  • 1日目:2020年8月2日(日曜日)9時~12時30分
  • 2日目:2020年8月23日(日曜日)9時~12時30分

工作+壁新聞コース

  • 1日目:2020年8月2日(日曜日)9時00分~15時00分
  • 2日目:2020年8月23日(日曜日)9時00分~15時00分

※両コースともに2日間参加となります。間の期間は、土器の乾燥のために必要な期間です。

場所

笹山縄文館・広場(十日町市中条乙3081番)

イベントの様子

内容

工作コース

  • 1日目 土器の形作りと文様付け
  • 2日目 土器焼き

工作+壁新聞コース

  • 1日目 土器の形作りと文様付け、壁新聞のための授業1
  • 2日目 土器焼き、壁新聞のための授業2

*壁新聞の記事ネタの作成・選択およびレイアウト案の作成までを指導します。下書きと清書はご自宅で行ってください。

イベントの様子

対象

小学生と保護者

定員

親子合計10名

参加方法

申込み

事前に参加申込みが必要です。下記の「申込先」に電話かe-mailにて、保護者の氏名、住所、電話番号、人数、参加するコース(「工作コース」または「工作+壁新聞コース」)をご連絡ください。

申込先

十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
電話:025-757-5531
e-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

申込期限

2020年7月26日(日曜日)

参加料

500円(両コース同額)
*1人分の材料費です。保護者の方が作ることも可能です。この場合も同じ料金を人数分頂戴します。

必要なもの

工作コース

1日目:筆記用具、汚れてもよい服装

2日目:以上に加えて長袖、軍手、帽子、タオル、飲み物

工作+壁新聞コース

1日目:筆記用具、ノート、汚れてもよい服装、昼食

2日目:以上に加えて長袖、軍手、帽子、タオル、飲み物、昼食、1日目の配布プリント

保護者の皆様へ

  • 児童のみでは参加できません。内容的に、しばしば保護者の手助けが必要です。
  • 壁新聞ガイダンス1は、土器の作り方とテーマ設定について、同2は記事の作成から壁新聞(またはレポート)のまとめ方、レイアウトについてです。下書きと清書はご自宅でお願いします。
  • 2日目は縄文人と同じくたき火で土器を焼いていただきます。火傷にご注意ください。また、熱中症対策は各人でお願いします。
  • 2日目が雨天の場合は、「工作コース」の方は、土器を文化財課でお預かりし、後日焼いてからお渡しします。「工作+壁新聞コース」の方は、壁新聞のための授業2のみを実施します。土器は文化財課でお預かりし、後日焼いてからお渡しします。

イベントの様子

土器の形を作る

イベントの様子

土器を焼く

主催・協力

  • 主催:十日町市教育委員会
  • 運営:伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

チラシ

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市博物館

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 文化財課 埋蔵文化財係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目448番地9(十日町市博物館内)
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら