チンコロ販売会

更新日:令和3年1月10日

昔から縁起物として親しまれているチンコロですが、新型コロナウイルス感染症拡大の収束を願って販売会を開催します。なお、毎年諏訪町で開催していた従来の「節季市」露店市場は、新型コロナウイルス感染症対策が困難なことから、安全面を最優先し中止します。

日程

令和3年1月10日(日曜日) 午前9時から午後2時まで(※終了しました)
令和3年1月24日(日曜日) 午前9時から午後2時まで

会場

十日町市役所本庁舎正面駐車場
(駐車場は十日町市役所南側をご利用ください)

留意事項

・チンコロ引換券(1枚300円)を案内所にて購入後、希望のチンコロと交換することができます
・引換券は一人1回5枚まで購入可能です。1枚でチンコロ一つと交換できます
・おつりのないようご協力をお願いします(支払いは現金のみです)
・チンコロは売り切れ次第終了です
・販売会会場内の人数制限をします
・飲食などチンコロ以外の露店販売はありません
・マスクなどの着用、会場での検温、手指消毒、人と人との間隔を1メートル以上空けるようにしてください
・会場内で検温を行い、37.0℃以上の発熱がある場合は入場できません
・当日体調がすぐれない人、倦怠感、味覚障害がある人は来場を控えてください
・本庁舎正面駐車場には準備が整うまでご入場にはなれません

チンコロとは

チンコロの写真です

しんこ(米の粉)を原料にして作った細工物。干支にちなんだものが多く作られてきました。大きさは3センチメートル位で、すべて手作りのため一つ一つの顔や表情が異なります。チンコロは縁起物として飾られます。

節季市(チンコロ市)とは

(写真)竹やわらで作った生活用品が販売されている写真です

(写真)色とりどりのチンコロが並んでいます

冬期間の副業として、農家の人々が竹やわらなどで作った生活用品や民芸品を持ち寄り開かれる市として、江戸時代から始まったと言われる歴史ある市です。 例年1月10日、15日、20日、25日に市内の諏訪町で開催され、通りには竹細工・わら細工などの民芸品や漬物、乾物、お菓子などを売る約50軒ほどの露店が立ち並びます。 その中でも縁起物の「チンコロ」が一番の人気です。毎年、チンコロを売る店の前には長蛇の列ができ、あっというまに売り切れてしまいます。 節季市は、別名「チンコロ市」とも呼ばれ、親しまれています。

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 観光企画係

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-3100
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら