冬季企画展 マジョリカお召と黒絵羽織

更新日:令和3年1月18日

昭和34年(1959)に彗星のごとく登場した「マジョリカお召」(まじょりかおめし)と、その後、PTAルックと呼ばれて一世を風靡した「黒絵羽織」(くろえばおり)。昭和30年代後半から50年代にかけて大ヒット商品となった2つの十日町織物について、館蔵資料を中心に紹介します。

2021-01-08_majorikaomesito_banner

会期

2021年2月13日(土曜日)~2021年3月28日(日曜日)

会場

十日町市博物館 企画展示室

観覧料

500円(常設展も観覧可・高校生以上)、中学生以下無料

内容

昭和34年(1959)に彗星のごとく登場した「マジョリカお召」(まじょりかおめし)と、その後、PTAルックと呼ばれて一世を風靡した「黒絵羽織」(くろえばおり)。昭和30年代後半から50年代にかけて大ヒット商品となった2つの十日町織物について、館蔵資料を中心に紹介します。

チラシ

チラシ_マジョリカお召しと黒絵羽織(PDF:862.3KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市博物館

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 博物館 業務係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目448番地9
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。