【県指定文化財】小貫諏訪社の大スギ

更新日:令和2年5月26日

(写真)大スギの全体写真です

(写真)大スギの幹の写真です

標柱と看板

(写真)大スギを見上げて撮った写真です

下から

小貫諏訪社(こつなぎ・すわしゃ)の大スギについては、大正8年に刊行された『中魚沼郡誌』に「小貫十二社に一尺六寸余の老杉一株・・・・」という記述があります。文中に出てくる十二社というのは昔の呼称であり、他所にあった諏訪社を合祀(ごうし)してからは諏訪社と呼ばれています。妻有地方屈指の大スギとして、早くから注目を集めていたのでしょう。以前境内を広げる際に土盛りをしたため、根元は1メートルくらい埋まっていますが、幹周り8.9メートル、高さ38メートル、枝張りは東11.5メートル、西7.9メートル、南9.3メートル、北16.7メートルにもなります。樹勢(じゅせい)はきわめて旺盛で、毎年成長を続けています。1978年(昭和53年)3月31日に天然記念物として新潟県文化財に指定されました。

樹齢は定かではありませんが、小貫村の発生に関係があり、庭野・春川家が十日町赤倉から移住してきた時、記念に植えられたものだと伝えられています。

この大スギは、どんなことがあっても刃物は一切あてないという「ナタ入らずの木」といわれ、落ち葉も集めて木の根元に返しておくなど、今も信仰の対象として生き続けています。

小貫諏訪社の大スギに関するより詳しい情報は、十日町市博物館のホームページ(下記)をご覧ください。

十日町市博物館>アーカイブズ>指定文化財>小貫諏訪社の大スギ

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市博物館

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 文化財課 文化財保護係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目448番地9(十日町市博物館内)
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら