中里地域観光コース:雄大な自然が広がる里山

更新日:令和2年3月23日

国立公園に属し、名勝・天然記念物や日本の代表的な河岸段丘が広がる、苗場山系の雄大な自然が残る里山です。古くからの温泉と新しく開発された温泉が、清流の清津川、大河信濃川沿いにあり、そこでは地元の昔懐かしい方言に会えるでしょう。

大自然を満喫

 中里地域には、大河信濃川をはじめ、清津川、釜川、七川と川に恵まれ、苗場山麓をはじめ魚沼丘陵と関田丘陵が発達し、山にも恵まれた自然豊かな典型的な中山間地であり、のどかな田園風景を残した地域です。また、春を呼ぶイベントとして「雪原カーニバルなかさと」が開催されます。雪原一面に広がるスノーキャンドルは見るものを魅了し、幻想的な世界へ誘い、感動を与えます。

(写真)雪原カーニバルなかさと

雪原カーニバルなかさと

中里地域観光コース

清津峡~田代の七ツ釜~ミオンなかさと

日本三大峡谷の一つ清津峡を見学し、次に名勝・天然記念物に指定されている田代の七ツ釜で学術的にもめずらしい右岸が断面層、左岸が縦層の景観を楽しめます。午後からはミオンなかさとで温泉を楽しんだり、帰宅時間を調整できる余裕をもった観光コースです。

(写真)清津峡

清津峡

(写真)田代の七ツ釜

田代の七ツ釜

田代の神楽 

(写真)田代の神楽

今から約200年前に東頚城地方から伝えられたと言われる田代の神楽は、伝統芸能を守り、文化財を後世に伝えようと、”田代神楽座”の人々に守られ、今でも舞い継がれています。

角間のねじり杉

(写真)角間のねじり杉

角間集落観音様の境内にある杉は、県指定文化財(昭和60年)に指定され、「弘法さまのねじり杉」と呼ばれています。根の部分からねじれた杉には奇木の伝説があります。

黄桜の丘公園

(写真)黄桜の丘公園

日本一の大河信濃川沿いにある公園には県内でも珍しい「薄黄色」の桜が咲きます。

道祖神

妻有の路傍にある男女双体石像は、握手、肩抱き、抱擁、祝言、はては男性が女性の乳房あたりを押さえたりと実におおらかです。この神は、悪霊悪疫の侵入を防ぐ神であり、縁結び、子宝、愛の神でもあります。また、旅の神でもある道祖神の石仏は、村はずれや神社の境内で見かけることができます。
ふと寄り道してみたくなるなつかしさがそこにはあります。

この記事に関するお問い合わせ先
中里支所 地域振興課 地域振興係

所在地:〒949-8492 新潟県十日町市上山己2133番地(中里庁舎1階)
直通電話番号:025-763-2511
ファックス番号:025-763-2044

メールでのお問い合わせはこちら