【市指定文化財】新水のドウラクジンとハネッケェーシ(現在休止中)

更新日:令和元年10月28日

(写真)ハネッケェーシ(羽根返し)の写真です

ハネッケェーシの様子

(写真)ドウラクジン(道楽神)の写真です

ドウラクジンの様子

ドウラクジン(道楽神)は、しめ縄などの正月飾りを燃やし、その炎でスルメを焼いて食べます。その後、うつぎと山鳥の風切羽(かざきりばね)でつくった羽根を木鋤(こすき)で突き上げるハネッケェーシ(羽根返し)を行います。大勢で輪になって羽根をつき、落とすと雪をかけられます。

新水(しんずい)のドウラクジン(道楽神)とハネッケェーシ(羽根返し)は平成7年3月24日に市の無形民俗文化財に指定されました。

現在は休止しています。

新水のドウラクジンとハネッケェーシに関する情報

 

 
文化財名  新水のドウラクジンとハネッケェーシ
開催場所  十日町市新水(しんずい)
開催日時  現在休止中
交通手段  JR飯山線、北越急行ほくほく線「十日町」駅から車で15分
駐車場(台数)  
備考  

 

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市博物館>情報アーカイブズ>指定文化財

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 文化財課 文化財保護係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1(十日町市博物館内)
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら