「鯉のぼり」を募集しています

更新日:平成29年3月14日

眠っている鯉のぼりをもう一度大空へ泳がせてみませんか?

鯉のぼりの泳ぐ里・犬伏

鯉のぼりの画像

松代地域は、「星峠の棚田」「蒲生の棚田」「儀明の桜と棚田」等の文化的景観として有名な棚田がいくつもあり、大勢のカメラマンが訪れる地域です。
東京方面から車で来る場合、松代地域の入り口となる犬伏集落では、大型連休に合わせて国道253号線沿いの渋海側の上に200匹の鯉のぼりを泳がせ、訪れた観光客や帰省客を歓迎しています。

ゆうちょオリジナルカレンダーに掲載されました

鯉のぼりの風景が、「2017ゆうちょマチオモイカレンダー」に掲載されました。

このカレンダーはゆうちょ銀行とマチオモイ帖のタイアップで作られました。

カレンダーは全国のゆうちょ銀行および郵便局の貯金窓口で配布されます。数に限りがありますのでご注意ください。

詳細はゆうちょ銀行様のホームページをご覧ください。

外部リンク:ゆうちょ銀行オリジナルカレンダー

鯉のぼり募集

松代地域は子供が少なくなり、川に渡す鯉のぼりが不足しています。
そこで皆さまが使わなくなり、眠っている鯉のぼりを提供していただけませんか?
寄附をお願いする内容は以下の通りです。

  • 鯉のぼり本体のみ(吹き流し・支柱・矢車・ワイヤーはお受けしておりません)
  • 頭から尾までの長さが2メートル以上のもの

一匹でも寄付していただけるなら大変ありがたいです。

松苧神社・七ツ詣り

寄付していただいた鯉のぼりは、犬伏集落にある国の重要文化財 松苧神社でお祓いした後、渋海川の上に泳がせます。
毎年5月8日は、数え年7歳の男児が松苧神社に初参拝する伝統行事「七ツ詣り」が行われ、多くの人でにぎわいます。
寄付していただいた鯉のぼりは、大勢の皆様の目に触れ、再び元気に泳いでくれることでしょう。

国重要文化財 松苧(まつお)神社のご案内

七ツ詣り(毎年5月8日)

寄付・お問い合せ先

以下の3か所で受け付けています。

  • 有限会社松城(まつき)工務店 (送付先)

送料はご負担ください

(着払い受付は、平成29年3月13日で終了しました)

〒942-1504
十日町市犬伏926-1
電話:025-597-2481

  • 松代支所地域振興課 (持ち込みのみ受付)

十日町市松代3252-1
電話:025-597-2220

  • 伊沢和紙工房欅 (持ち込みのみ受付)

十日町市犬伏143
電話兼ファックス:025-595-6692

伊沢和紙工房「欅」(けやき)のご案内

この記事に関するお問い合わせ先
松代支所 地域振興課 地域振興係

所在地:〒942-1526 新潟県十日町市松代3252番地1(松代庁舎2階)
直通電話番号:025-597-2220
ファックス番号:025-597-2300

メールでのお問い合わせはこちら