七ツ詣り(毎年5月8日)

更新日:平成28年5月11日

数え年7歳(満6歳)の男子が主役の伝統行事です

十日町市松代・松之山地域の総鎮守であった国の重要文化財『松苧神社』。

標高約360メートルの松苧山山頂にある松苧神社を目指し、数え年7歳(満6歳)に達した男子が登山に挑み、参拝を行う珍しい伝統行事が「七ツ詣り」です。
無事に参拝し、神主さんからお祓いを受けた男子の家族親戚は、神社の側で小宴会を開き成長を祝います。
また、地元の方が山頂でおもちゃ屋を開き、家族・親戚が無事に参拝を終えた男の子におもちゃを買ってあげます。

松代地域外、市外の方の参加もお待ちしています。

七ツ詣りの風景

七つ詣りの画像1

最後の難関を上っている画像

七ツ詣りの画像2

登頂後、家族でお弁当を食べている画像

(写真)七ツ詣りを支える地元団体「けやきの会」の皆さん

毎年七ツ詣りを支える地元団体「けやきの会」の皆さん。
七ツ詣りの前に松苧神社の準備をしたり、当日は松苧神社で販売するおもちゃを担いで運びます。

七ツ詣りに関する情報

 
行事名 七ツ詣り
開催場所 松苧神社(市内犬伏)
開催日時 毎年5月8日(平日・休日に関わらず)
早朝~お昼頃(準備をする人は午前5時頃から登り始めます)

 

リンク先

 

国重要文化財 松苧(まつお)神社のご案内

この記事に関するお問い合わせ先
松代支所 地域振興課 地域振興係

所在地:〒942-1592 新潟県十日町市松代3252番地1(松代庁舎2階)
直通電話番号:025-597-2220
ファックス番号:025-597-2300

メールでのお問い合わせはこちら