「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」開催概要

更新日:平成30年7月9日

越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を舞台に、3年に1度開催される人間と土地と美術の芸術展「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。
いよいよ今夏、第7回目となる「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が開催されます。

大地の芸術祭2018ポスター

磯辺行久作品イメージ

 

 

「人間は自然に内包される」を基本理念に、既存のアート作品約200点に加え、新作やイベント、パフォーマンスを新たに展開します。

 

 

磯辺行久 作品イメージ

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018の開催概要
会期 平成30年7月29日(日曜日)~9月17日(月曜日・祝日) 51日間
開催地 越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町) 760平方キロメートル
主催 大地の芸術祭実行委員会
共催 NPO法人 越後妻有里山協働機構
実行委員長 関口芳史(十日町市長)
副実行委員長 桑原悠(津南町長)
名誉実行委員長 花角英世(新潟県知事)
総合プロデューサー 福武總一郎(公益財団法人福武財団理事長)
総合ディレクター 北川フラム(アートディレクター)
クリエイティブ・ディレクター 佐藤卓(グラフィックデザイナー)
オフィシャルサポーター・リーダー 高島宏平(オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長)

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018概要(大地の芸術祭の里公式サイト)

「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」とは

大地の芸術祭2018作品鑑賞パスポート

大地の芸術祭2018パスポート

この1枚で会期中すべての作品をご覧いただける、大地の芸術祭2018の必需品。温泉や宿泊施設・イベント割引など各種特典がついている、とてもお得なパスポートです。

大地の芸術祭2018前売引換券

大地の芸術祭2018作品鑑賞パスポート[前売引換券]

ただ今、越後妻有オンラインショップ、各種プレイガイドなどで前売り引換券をお買い求めいただけます。

大地の芸術祭2018作品鑑賞パスポートの概要
料金 一般: 当日 3,500円、前売 3,000円
高校生・専門学生・大学生: 当日 3,000円、前売 2,500円
(中学生以下無料)
有効期間 平成30年7月29日(日曜日)~9月17日(月曜日・祝日)

※1冊につきお一人様に限り有効です
※会期中、本芸術祭の全作品を1回のみ鑑賞可能
※イベントは別料金(パスポート掲示で割引あり)
※再発行、払い戻し不可

特典 パスポート掲示により、割引協力施設による優待特典をご利用いただけます。
全スタンプを集めた方には、抽選で素敵なプレゼントを贈呈!
販売情報 【前売販売】
●十日町市総合観光案内所(十日町駅西口2階)、十日町市役所各支所地域振興課、津南町役場地域振興課、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」、大地の芸術祭東京事務局(アートフロントギャラリー内)
●asoview! 特設サイト、JR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、JTBホームページ、i.JTB(商品番号=0247514 取扱コンビニ=セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK・サンクス)、イープラス、「ドラぷら」サイト内『ドラぷらの旅』、NEXCO東日本の一部のサービスエリア・パーキングエリア、JTB支店、JTB総合提携店  など
【当日販売】
現地の各インフォメーションセンター、主な作品施設

作品・プロジェクト

均質空間への疑義

グローバル化により均質化・効率化が進み、地域の価値観が失われつつある現代において、これからの建築が担う役割、美術の力を展望する展覧会・コンサートを行います。第7回展では、四畳半から世界を見ようとした鴨長明の方丈、良寛の五合庵、宮沢賢治のイーハトーブから、改めて出発します。

原広司スケッチ

キナーレ企画展「2018 年の<方丈記私記>」
参考イメージ(原広司スケッチ)

コンサートイメージ

越後妻有文化ホール開館記念コンサート
参考イメージ

清津峡トンネル作品イメージ

人間の土地に生まれるアート

農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残る越後妻有を舞台に、地球環境が危惧される21世紀のサイトスペシフィックなアート50選を展開。

 

マ・ヤンソン/MADアーキテクツ 作品イメージ

香港ハウスイメージ

アートを介する人の移動

海外の各国・諸機関が越後妻有に拠点をもち、国内では越後妻有と他の芸術祭の間で旅行社やサポーターが移動し、国や地域を超えて、多様な人々のアートを媒介にしたネットワークが生まれてきています。

 

香港ハウス 参考イメージ

ディジリドゥ展示イメージ

人類の始原に還る企画展

5000年もの昔から、自然と向き合い、自然と親しんできた越後妻有。ラスコーやアルタミラの洞窟画にみられる、人類の原初的な美術やその暮らしを俯瞰する企画展を行います。

 

ディジリドゥ展 参考イメージ

拡がる越後妻有の食

ミシュランシェフ米澤文雄氏監修のもと、地元女衆とともに新しい越後妻有の食を展開し、さらに、食のアーティスト・EAT&ART TAROが独自のプロジェクトを進めていきます。

里山食堂イメージ

越後まつだい里山食堂

ザおこめショーイメージ

EAT&ART TARO
「ザ おこめショー」イメージ

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018概要(大地の芸術祭の里公式サイト)

ツアー

オフィシャルツアー

新作をメインに大地の芸術祭の作品を巡るガイド&昼食付きツアーの決定版。
会期中、日帰りオフィシャルツアーが毎日2コース運行します。

シャケ川のぼりコース~信濃川・河岸段丘編~

約40万年前から始まった土地の隆起、信濃川の侵食作用で形成された河岸段丘を見ながら越後妻有を横断するコース。芸術祭作品でのランチ付き。

鑑賞作品:ダミアン・オルテガ新作、絵本と木の実の美術館、香港ハウス ほか
昼食:うぶすなの家、越後しなのがわバル、上郷クローブ座レストラン(3か所のうちいずれか1か所となります)

カモシカぴょんぴょんコース~里山・土木編~

傾斜地に営々と築き上げられた棚田、蛇行する河川の流路を変えてつくった瀬替え田を見渡しながら、越後妻有を横断するコース。ミュシュラン付きシェフ監修によるスペシャルランチ付き。

鑑賞作品:磯辺行久新作、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]レアンドロ・エルリッヒ新作 ほか
昼食:奴奈川キャンパス(ミシュランシェフ米澤文雄氏監修のランチ)

オルテガ作品イメージ

ダミアン・オルテガ 作品イメージ

レアンドロ作品イメージ

レアンドロ・エルリッヒ 作品イメージ

大地の芸術祭2018オフィシャルツアーの概要
発着 ・シャケ川のぼりコース
発: 越後湯沢駅東口 午前9時30分、十日町駅西口 午前10時20分
着: 十日町駅西口 午後6時10分頃、越後湯沢駅東口 午後7時15分頃
・カモシカぴょんぴょんコース
発: 越後湯沢駅東口 午前9時30分
着: 十日町駅西口 午後5時50分、越後湯沢駅東口 午後6時45分
料金 大人、小人同額(バス、昼食、ガイド付き) 9,800円
※作品鑑賞パスポート料金別途(一般3,500円、高・専・大学生2,500円 前売りは500円引き)
最少催行人数 2名(定員40名)
予約・お申し込み ・大地の芸術祭公式サイト
・越後交通株式会社 電話番号:0258-29-1515
※お問い合わせは越後交通株式会社へ

大地の芸術祭2018ツアー(大地の芸術祭の里公式サイト)

越後交通株式会社「ツアー予約」

セレクトバスツアー

十日町駅西口、まつだい駅、津南駅の3か所を起点とし、作品展示箇所まで行く身にツアーを会期中毎日運行します。話題の新作や人気の作品を約半日かけてめぐるアートと里山の旅をお楽しみいただけます。

ポチョムキン

ポチョムキン(Photo by ANZAï)

目作品イメージ

目「Repetitive objects」イメージ

大地の芸術祭2018セレクトバスツアーの概要
周遊コース 1. 川西コース
2. 十日町北コース
3. 津南・上郷コース
4. 松之山コース
5. 松代コース
6. 秋山郷・中里コース
※詳細は十日町観光協会ホームページへ
料金 大人 3,000円 小・中学生2,000円
3歳から小学生未満は大人ひとりにつき1名まで無料
※乗車券は1コース、1回乗車のみ有効
※一部の停留所を除き途中下車不可
※各コースとも席に限りあり。
※乗車日の3日前まで予約可。ざん当日の乗車券は
予約申込・お問い合わせ 十日町市観光協会ホームページ
電話番号:025-757-3345

大地の芸術祭 セレクトバスツアー(十日町市観光協会ホームページ)

宿泊

宿泊施設画像

越後妻有を楽しんで、夜もアートな宿で過ごしてみませんか?
大人気の泊まれるアート「かたくりの宿」「三省ハウス」「夢の家」「脱皮する家」のご宿泊予約を受け付けています。

※予約日については、各施設の公式サイトの予約画面にてご確認ください。

左上:うぶすなの家(Photo by H Noguchi) 右上:三省ハウス(Photo by Noguchi)
左上:夢の家 (Photo by ANZAï) 左下:脱皮する家(Photo by Kazue Kawase)

秋山郷結東温泉 かたくりの宿 公式サイト

越後松之山体験交流施設 三省ハウス 公式サイト

夢の家 公式サイト

脱皮する家 公式サイト

越後妻有周辺の宿泊情報のお問い合わせ先

温泉をはじめ、数々の宿泊施設がありますので、ぜひご利用ください。

●広域観光情報センター
 住所:湯沢町湯沢2427-1(JR越後湯沢駅内)
 電話番号:025-785-5678

●十日町市観光協会
 住所:十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
 電話番号:025-757-3345

●津南町観光協会
 住所:津南町下船渡戊585(津南町役場前)
 電話番号:025-765-5585

●南魚沼市観光協会
 住所:南魚沼市下一日市855(道の駅南魚沼今泉記念館内)
 電話番号:025-783-3377

●魚沼市観光協会
 住所:魚沼市吉田1144(道の駅ゆのたに内)
 電話番号:025-792-7300

●栄村秋山郷観光協会
 住所:長野県下水内郡栄村堺18281
 電話番号:025-767-220

●みなかみ町観光協会
 住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野1744-1(JR上毛高原駅前)
 電話番号:0278-62-0401

公式ガイドアプリ

オンザトリップアプリ画面

作品がその場所にある理由とは?
そもそも大地の芸術祭とは何なのか?

日本全国のあらゆる旅先を博物館化するトラベルオーディオガイド「ON THE TRIP」が、大地の芸術祭の公式アプリとして、主なアート作品にまつわる物語を紹介します。

大地の芸術祭公式ガイドアプリ「ON THE TRIP」の概要
言語 日本語、英語、繁体語、簡体語
料金 体験版: 無料(16作品)
ガイド本編: 600円(主要な44既存作品)
※料金の一部は芸術祭開催費用に充てられます。

「ON THE TRIP」公式サイト

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 芸術祭企画係 

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-2637
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら