きもの

更新日:平成28年2月15日

十日町のきもの文化の歴史は古く、1500年以上前の遺跡からも織物の圧痕がついた土器などが出土しています。
中世~江戸期にはカラムシを原料とした越後布として知られる麻織物の産地として栄え、その後は絹織物に転換し隆盛を極めました。現在もきもの産業は伝統の地場産業として根付いています。
十日町のきもの産業の特徴は、織と染の両方の産地であることです。友禅染め、絞り、草木染め、紬、絣など幅広い技術が受け継がれ、現在さまざまな商品が生産されています。
伝統的工芸品に指定されている『十日町明石ちぢみ』と『十日町絣』は十日町織物を代表するブランドです。

(写真)きものまつりでのきものショー

十日町市では【きものまつり】や【きものの街のキルト展】など、きものに関連したイベントを様々開催しているほか、市内には和文化に触れることのできる体験施設や和装小物販売店も各所にあります。

(写真)きもの歴史館

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 観光企画係

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-3100
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら