小松原湿原

更新日:令和元年5月24日

(写真)小松原湿原の風景画像

苗場山のふもと、標高1,350~1,600メートルの台地に展開する、新潟県自然環境保全地域「小松原湿原」。
高山湿原の周りをオオシラビソ、コメツガ、ダテカンバなどの亜高山帯針葉樹が帯状に覆い、さらに外側はブナ林地帯となっています。
湿原内はミズコケ類がカーペット状に密生し、ワタスゲ、モウセンゴケ、ヒメシャクナゲ、ツルコケモモ等の湿原植物が良好に生育しています。
また湿原周縁にはベニサラサドウダンツツジ、アカミノイヌツゲ、ウラジロヨウラク、クロベ等の植物が郡部を作り、動物ではカヤクグリ、ビンズイ等のオオシラビソ帯に生息する鳥類や、高山チョウのベニヒカゲ等が生息しています。
初夏はワタスゲが可憐な姿を見せ、秋にはベニサラサドウダンツツジの鮮やかな紅葉が広がります。

小松原湿原に関する情報

小松原湿原について

名称 小松原湿原
所在地 十日町市小松原
備考
  • 毎年初夏と秋に「小松原湿原トレッキング」を行っています
  • 詳細は関連リンクの十日町市観光協会ホームページをご覧ください

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク

十日町市観光協会ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先
中里支所 地域振興課 地域振興係

所在地:〒949-8492 新潟県十日町市上山己2133番地(中里庁舎1階)
直通電話番号:025-763-2511
ファックス番号:025-763-2044

メールでのお問い合わせはこちら