インフルエンザに注意しましょう

更新日:平成30年1月26日

新潟県でインフルエンザが流行期に入っています。
今後、増加が懸念されることから、十分な注意が必要です。

予防のための生活術

  • 手洗いをこまめに行い、特に帰宅時、食事前は念入りに洗いましょう。
  • うがいは1日数回、帰宅時は忘れずに行いましょう。
  • 主食と主菜・副菜がそろったバランスの良い食事を心がけましょう。
  • 休養と睡眠を十分にとりましょう。
  • 外出は人込みを避けましょう。
  • 咳などの症状のある人は必ずマスクをしましょう。感染を受けないためにもマスクが有効です。不織布製の使い捨てマスクが良いでしょう。
  • 発熱、咳、鼻水等の症状が出たら、早めに受診しましょう。

インフルエンザにかかったら

患者が注意すること

  • 家族への感染を防ぐため、マスクを着用し、こまめに手洗いをしましょう。
  • 処方された薬は、最後まで飲み切りましょう。
  • 水分補給をこまめに行い、脱水症状を予防しましょう。

家族が注意すること

  • 患者の容態の変化に注意し、悪化した場合はすぐに主治医に相談しましょう。
  • 患者と接するときはマスクを着用し、こまめに手洗いをしましょう。
  • 可能な限り患者と別の部屋で過ごし、1時間に1回程度部屋の換気を行いましょう。

 

詳しくは下記の新潟県ホームページをごらんください。

「インフルエンザに注意しましょう」(新潟県ホームページ)

この記事に関するお問い合わせ先
市民福祉部 健康づくり推進課 母子保健係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-757-9759
ファックス番号:025-757-3800

メールでのお問い合わせはこちら