2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指します

更新日:令和2年6月8日

「ゼロカーボンシティ」を目指して

 市では、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」に取り組むことを表明しました。

 【排出実質ゼロとは:二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と、森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成すること】

背景

 近年、猛暑や豪雨被害など、地球温暖化が原因とされる気候変動による影響が深刻化しており、温室効果ガスの増加によって、今後、水害等の更なる頻発化・激甚化などが予測されています。

 2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書で、気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする必要があることが示されています。

 この目標達成に向け、小泉環境大臣から、地方公共団体における取組の重要性と広がりへの期待が表明され、2050年二酸化炭素排出量実質ゼロへの参画が促されています。

内容

 環境省では、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す旨を首長自らが又は地方公共団体として表明した地方公共団体を「ゼロカーボンシティ」としています。

 「選ばれて住み継がれるまち」を目指すまちの姿に掲げ、「環境にやさしく自然と調和するまち」を政策理念として標榜する当市として、ゼロカーボンシティ・十日町市の実現に向け、地域資源を活用した再生可能エネルギーの最大限の創出や省エネなどの温暖化対策の取組をさらに加速させるとともに、他の幅広い分野でも総合的な取組を展開していきます。

その他

 現在、計画期間中である「第二次十日町市環境基本計画」及び「十日町市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」は、令和3年度に見直しを予定しています。この見直し(改定)の中で、2050年二酸化炭素排出実質ゼロを見据えた具体的な施策・取組を検討します。

ゼロカーボンシティ・十日町市

関連リンク(PC)

第二次十日町市環境基本計画を公表します

十日町市地球温暖化対策実行計画【区域施策編】

環境省 地方公共団体における2050年二酸化炭素排出実質ゼロ表明の状況

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 環境衛生課 環境企画係

所在地:〒948-0056 新潟県十日町市丑915番地2(エコクリーンセンター2階)
直通電話番号:025-752-3924
ファックス番号:025-757-1751

メールでのお問い合わせはこちら