こどもエコチャレンジ推進事業

更新日:令和2年10月2日

心がけていますか?地球温暖化防止~小学生たちの挑戦~

 新潟県と新潟県生協連、および公益財団法人新潟県環境保全事業団が共同で実施している、地球温暖化防止のための取組み「こどもエコチャレンジ」。市もその啓発のため、「こどもエコチャレンジ推進事業」を行っています。これは、市内の小学4~6年生がクラス単位で「こどもエコチャレンジ」に参加し、一人ひとりが家庭で7日間実践した環境にやさしい行動をポイント化し、クラスごとの平均ポイントでその成果を競い合います。今年度は3校から9クラス・208人の児童が参加して、チャレンジは進められました。

最優秀賞受賞クラスの集合写真

最優秀賞を受賞した川治小学校5年2組のみなさん(感染症予防を行ったうえで撮影しています)

取組項目

※カッコ内は1日に節電および削減される電力および二酸化炭素の量です。

  • 部屋の温度は、28度を目安にします。(270ワット時、159グラム)
  • 部屋を出るときは、明かりを消します。(61ワット時、36グラム)
  • れいぞうこのとびらは、開けたらすぐに閉めます。(17ワット時、10グラム)
  • しばらく使わないテレビなどの家電製品はプラグをぬいておきます。(390ワット時、229グラム)
  • テレビはつけっぱなしにしません。(46ワット時、27グラム)
  • 買い物にはマイバッグを使います。(45グラム)
  • シャワーの水はこまめにとめます。(135ワット時、79グラム)
  • 自動車を使わずに、歩いたり自転車を使ったりします。(460グラム)

取組結果

 208名の児童のみなさんの、7日間のチャレンジによって、合計で約828キロワット時の節電となり、約861キログラムの二酸化炭素の排出を削減することができました。

「がんばったで賞」(上位5クラス)

  • 最優秀賞(1位):川治小学校5年2組
  • 優秀賞(2位):川治小学校5年1組
  • 優秀賞(3位):川治小学校4年2組
  • 優良賞(4位):川治小学校6年1組
  • 優良賞(5位):水沢小学校6年1組

チャレンジした児童の感想(抜粋)

  • 出かける時にマイバックをもっていくことをよくわすれるのでがんばりたいです。
  • ふだんから家でやっている事なのでいつも通りの生活でした。
  • あついのでエアコンはきれませんでした。夏休みがおわってもエコチャレンジはやりたいです。
  • やってみたらけっこう意識しないでできたので、これからもつづけていきたいです。
  • エコのことを考えた。
  • 夏休み中、家族で取り組みました。プラグをぬくことがないのでいつもわすれてしまっていました。いがいとむずかしかったです。
  • みじかにかんたんにできるエコがあることがわかりました。
  • 習いごとにがんばって歩いて行った。シャワーをとめることもエコになると気づいてよかった。
  • 地球おんだんかにならないためにできることをこれからもつづけたい。

(新潟県ホームページ)こどもエコチャレンジに挑戦してみよう!

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 環境衛生課 環境企画係

所在地:〒948-0056 新潟県十日町市丑915番地2(エコクリーンセンター2階)
直通電話番号:025-752-3924
ファックス番号:025-757-1751

メールでのお問い合わせはこちら