毒きのこに注意

更新日:平成29年9月27日

毒きのこ食中毒発生注意報

 平成29年9月25日に、当市できのこ(ツキヨタケ)による食中毒が発生しました。これにともない、新潟県から「毒きのこ食中毒発生注意報」が発令されました。

 食用と正確に判断できないきのこは、絶対に「採らない」「食べない」「人にあげない」ようにしてください。

毒きのこ食中毒発生注意報の新潟県ホームページはこちら

スギヒラタケは食べないで

スギヒラタケ

 スギヒラタケは、地方によって違う名前で呼ばれている場合があります。この地域では「カタハ」などと呼ばれることが多いですが、かつては食べられるきのこと考えられていました。

 しかしながら、平成16年以降、スギヒラタケを食べたことが原因と考えられる病気が多数報告されるようになりました。農林水産省や厚生労働省が原因究明のため調査研究を実施してきましたが、スギヒラタケが安全に食べられるきのこかどうかは現時点ではわかっていませんので、スギヒラタケは食べないようにお願いします。

 

スギヒラタケに係る農林水産省のホームページはこちら

毒きのこによる食中毒の防止ポイント

次のポイントに注意して、毒きのこによる食中毒を防ぎましょう。

知らないきのこは「採らない」「食べない」「人にあげない」

確実に鑑定できる専門家に判断してもらいましょう。

誤った言い伝えや迷信を信じない

「柄が縦に裂けるきのこは食べられる」「ナスと一緒に煮ると毒消しになる」「虫が食べているきのこは食べられる」といった言い伝えは誤りです。種類ごとの特徴を覚え、確実な鑑別をしたうえで野生きのこを楽しみましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 環境衛生課 環境企画係

所在地:〒948-0056 新潟県十日町市丑915番地2(エコクリーンセンター2階)
直通電話番号:025-752-3924
ファックス番号:025-757-1751

メールでのお問い合わせはこちら