使用済み紙おむつの燃料化実証事業

更新日:令和元年6月11日

紙おむつの燃料化事業を説明するパネルです

 市では、平成26年度から「使用済み紙おむつの燃料化」の実現に向けて取り組んでいます。

 高齢化社会を迎え、紙おむつ処理の問題が全国的にクローズアップされている中で、本事業は処理方法のひとつとして提起する事業です。福祉施設や保育園から回収した使用済み紙おむつを燃料化し、福祉施設等において熱エネルギーとして利用することで、循環型社会の形成を推進します。

 ごみ焼却場の余剰熱を活用する本事業は、既存の熱エネルギーを有効利用し、これまで「厄介者」だった紙おむつが新たなエネルギーとして生まれ変わる取り組みです。

 

燃料化のイメージ

  実証事業では、ごみ焼却場の余剰熱を利用する燃料製造施設及び、バイオマスボイラーを整備します。将来的な拡張に向けて焼却熱の回収、ボイラーの安定燃焼、ペレット消費量、化石燃料の削減量、経済性などを評価します。

紙おむつ燃料化のイメージ(十日町モデル)(PDF:605.2KB)

これまでの取り組み

 使用済み紙おむつの燃料化に向けたこれまでの取り組みを紹介します。

これまでの取り組み(PDF:964.4KB)

保護者への紙おむつアンケート結果(PDF:1.6MB)

実験報告

H26~H30年度までの試験結果を紹介します。

H26使用済み紙おむつの燃料化実験(PDF:760.9KB)

H29混合紙おむつペレット試料作成報告書(PDF:522KB)

H29年度 紙おむつペレット2種燃焼テスト報告書(PDF:6.9MB)

H30年度使用済み紙おむつ処理機混合試験報告書(PDF:6.9MB)

現在の取り組み

使用済み紙おむつ燃料化実証事業の運営事業者及び出口利用者の公募結果

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 エネルギー政策課 エネルギー政策係
所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-3198
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。