十日町市民環境会議

更新日:令和元年11月18日

【新着情報】節電エコポイント事業を支援します(地球温暖化対策部会)

 市では、昨年に引き続き「節電エコポイント事業」を実施しています。地球温暖化対策部会では、多くの方から節電エコポイント事業に賛同いただき、節電に取り組んでいただけるよう支援します。
 支援内容は、節電目標値(電気使用量を昨年同月比6%以上削減)に達成していなくても、昨年同月比3%以上削減できた方の中から抽選で30名に、エコ商品(エコポイント交換商品の中で最も人気があるバイオマスプラスチック製ごみ袋【中サイズ・6枚入り】)をプレゼントします。

応募方法

 応募方法は、節電エコポイント事業の申請方法と同様です。昨年同月比で3%以上削減できていれば、申請(応募)してください。当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。なお、節電エコポイント事業の申請方法など詳細については、市報11月10日号をご確認ください。

(参考)家庭でできる節電アクション【外部リンク】

十日町市民環境会議とは

 本会は、市民 ・事業者 ・行政が協働して、十日町市環境基本計画に基づく環境保全活動を推進することにより、十日町市がめざす環境像「緑豊かで、潤いと安らぎのあるまち」の実現に寄与することを目的に活動しています。

会員募集~入会して一緒に活動してみませんか~

 環境問題や環境保全活動に関心のある方、実際取り組んでいる方等、どなたでも、いつでも入会できます(個人・団体・事業所会員)。市民環境会議全体の活動には、環境講演会、環境フェア、先進地視察等があります。また本会には4つの部会があり、希望すれば部会での活動もできます。

市民環境会議の部会一覧
自然環境保全部会 市内にある豊かな自然を楽しむ自然観察会(トレッキング)等
再生可能エネルギー利活用部会 再生可能エネルギーの利活用と普及、バイオマス施設の視察等
地球温暖化対策部会 省エネ、節電等の地球温暖化対策の推進・普及啓発
ごみ減量・レジ袋削減部会 マイバック持参の普及啓発、ごみ減量の啓発(標語募集)等

 本会の事務局は、十日町市環境衛生課です。お問い合わせ・お申し込みは、下記「この記事に関するお問合せ先」へお願いします。

会員募集チラシ(PDF:382.1KB)

入会申込書用紙(PDF:92.7KB)

活動事例(各部会)

令和元年度「ごみ減量標語コンテスト」を開催〈主催:ごみ減量・レジ袋削減部会〉

 毎年、開催している「ごみ減量標語コンテスト」を今年も実施しました。今年は、中学生の部 188作品 小学生の部 151作品の応募がありました。それぞれ、最優秀賞 1名 優秀賞 3名 優良賞 6名 を審査の結果、下記のとおり決定しました。
 受賞者には、賞状と副賞としてごみ減量・レジ袋削減部会から図書カードが贈られました。作品の中には、3Rやリサイクル、分別など環境に関する言葉も多く使われてあり、環境について学習していることがうかがえました。

ごみ減量標語優秀作品

中学生の部(敬称略)

【最優秀賞】

  • 心がけ 意識をすれば ゴミは減る!!:下条中学校1年 大渕真寿美さん

 【優秀賞】

  • 「仕方ない」 そんな言葉じゃ 減らせない:松代中学校2年 坂井みのりさん
  • 家族みんなで 心がけ 減量ゴミは無限大:下条中学校1年 竹内陽香さん
  • ごみ減量 出来る事は まだあるよ:下条中学校1年 和田こころさん
小学生の部(敬称略)

 【最優秀賞】

  • ゴミへらそう 自然を守ろう 3Rで:東小学校4年 児玉梓さん

 【優秀賞】

  • それ必要? 買う前に 考えよう:西小学校4年 酒井 悠妃さん
  • リデュース・リユース・リサイクル これを守って 自然を守ろう!:東小学校4年 山澤利明さん
  • すてないで つかえる物は リサイクル:川治小学校4年 大倉乙都さん

マイバックキャンペーンを開催しました〈主催:ごみ減量・レジ袋削減部会〉

 令和元年10月9日(水曜日)に、原信十日町店様店頭において「マイバックキャンペーン」を行いました。当日は、マイバックを持参しているお客様にはマイバック持参継続をお願いし、ポケットティッシュを配布しました。持参されていないお客様にはエコバックを配布し利用のお願いをしました。1時間ほどの活動でしたが、半数程の方がマイバックを利用し、「マイバックは、持っているけど忘れてきた」とおっしゃるお客様も多かったです。
 マイバック持参は、身近にできるエコ活動です。ぜひお買いものにはマイバックを持ってお出かけ下さい。

マイバック配布

部会集合写真

こどもエコチャレンジ推進事業〈共催:十日町市、地球温暖化対策部会〉

 小学生が各家庭で節電に取り組むことにより、地球温暖化対策の推進にかかる環境教育・啓発を図り、家庭部門における温室効果ガス排出量削減を目的として、小学生4〜6年生を対象に、地球環境に優しい行動(節電)に挑戦する「こどもエコチャレンジ※」の参加を促進する事業を市と共催で実施しました。
 事業概要は、こどもエコチャレンジにクラス単位で参加し、一人あたりの節電量(クラス平均)が大きかった順に第5位までを「がんばったで賞」として表彰、さらに地球温暖化対策部会から副賞として図書カードをプレゼントするというものです。

取組結果

 全員で70名の児童からチャレンジしていただきました。70名の7日間のエコチャレンジにより、およそ682kWhの節電(CO2削減量に換算すると401kg)になりました。これは一般家庭の平均的な電力使用量の約40日分です。

「がんばったで賞」(上位3組)
  • 1位:川治小学校4年1組
  • 2位:川治小学校4年2組
  • 3位:東小学校4年1組
チャレンジした児童の感想(抜粋)
  • 地球温暖化を進めさせないために出来ることが、僕の日常生活の中にたくさんあった
  • これからもエコチャレンジを意識して節約したい

※「こどもエコチャレンジ」については新潟県のホームページをご覧ください。

こどもエコチャレンジに挑戦してみよう!(外部リンク)

自然観察トレッキングを開催しました〈主催:自然環境保全部会〉

 令和元年9月1日(日曜日)に、自然体験事業「袴岳~沼の原湿原 自然観察トレッキング」を開催しました。参加者25名は、当日の天候にも恵まれ、自然観察指導員の説明をききながら、緑豊かな信越トレイルの袴岳トレイルコースを散策し、自然の中で身体を癒しました。このイベントを主催したのは、十日町市民環境会議の自然環境保全部会。環境保全活動の推進を図ることを目的として、毎年、自然体験事業を開催しています。
 来年も体験事業を予定しておりますので、自然環境に興味のある方は、是非ご参加いただきたいと思います。また、部会員も募集しておりますので、「自然環境に関心があり、入会したい!」と思った方は、下記お問い合わせ先へお気軽にご連絡ください。

自然観察トレッキングの様子 その1

自然観察トレッキング様子 その1
(緑豊かなブナ林)

自然観察トレッキングの様子 その2

自然観察トレッキング様子 その2
(眺望の良い所で一息)

その他の様子(写真)(PDF:621.1KB)

次期一般廃棄物最終処分場に再生可能エネルギーの導入を要望しました〈主催:再生可能エネルギー利活用部会〉

 十日町市は、第二次総合計画において、市内の電力消費量の3割を再生可能エネルギーで創出することを目標に掲げています。当部会では、このように市が再生可能エネルギーの最大限の創出を目標に掲げるなか、街づくりを先導する役割があるため、公共施設には、積極的に再生可能エネルギーを利用した施設整備を行っていく必要があると考えております。
 そこで、市が進めている次期一般廃棄物最終処分場の整備に再生可能エネルギーを利用した設備の導入の検討、また、自然環境や景観等の観点にも配慮した施設整備を図っていただくよう、令和元年8月19日(月曜日)に、十日町市民環境会議として、市長に要望書を手渡しました。

市長に要望書を手渡す市民環境会議会長と部会長

市長に要望書を手渡す市民環境会議会長と再生可能エネルギー利活用部会長

活動事例(全体)

仮

十日町市環境フェア その1
(会場の全体像)

新聞紙でつくるペーパーエコバック教室 (主催:ごみ減量・レジ袋削減部会)

十日町市環境フェア その2
(新聞紙でつくるペーパーエコバック教室
 出展:ごみ減量・レジ袋削減部会)

先進地視察1

先進地視察 その1
(群馬県 温泉施設の木質ペレットボイラー)

先進地視察2

先進視察 その2
(富山県 廃棄物発電と廃熱を利活用した大規模施設園芸)

十日町市環境基本計画とは(参考)

 十日町市住みよい環境づくり条例に基づき、十日町市の環境の指針となる「第二次十日町市環境基本計画」を策定しました。本計画が目指す環境像である「緑豊かで、潤いと安らぎのあるまち」の実現に向けて、市民・事業者・行政の三者が協働しながら推進していきます。

第二次十日町市環境基本計画を公表します

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 環境衛生課 環境企画係

所在地:〒948-0056 新潟県十日町市丑915番地2(エコクリーンセンター2階)
直通電話番号:025-752-3924
ファックス番号:025-757-1751

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。