使用済み紙おむつ燃料化実証事業の運営事業者及び出口利用者の公募結果

更新日:令和元年7月16日

 十日町市では、平成28年3月に策定した「十日町市第二次総合計画」に基づき、地域資源を活用した再生可能エネルギーの創出拡大に取り組んでいます。

 本事業は、同年10月に策定した「十日町市バイオマス活用推進計画」に掲げた事業化のひとつとして、使用済み紙おむつの燃料化を目的とする施設をエコクリーンセンターに併設するストックヤード建屋内に整備し、使用済み紙おむつの回収、使用済み紙おむつペレット燃料の製造・販売、福祉施設等での熱利用を行い、化石燃料に依存しないバイオマス産業都市の構築を目的としています。

 これまで事業化に向けた準備を進めてきましたが、本年度から実証事業として「紙おむつ燃料化事業」がスタートするため、本事業に取り組む運営事業者及び出口利用者を募集しました。

公募結果

 公募の結果、下記の事業者を選定しました。今後、事業契約の締結に向けて準備を進めていきます。

運営事業者

社会福祉法人 十日町福祉会

出口利用事業者

社会福祉法人 十日町福祉会

今後のスケジュール

 使用済み紙おむつ燃料化施設整備工事の一般競争入札 8月(予定)

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 エネルギー政策課 エネルギー政策係
所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-3198
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら