魚沼圏域版新ナンバープレート

更新日:平成29年11月6日

魚沼圏域版の新ナンバープレート導入に向けた取組状況をお知らせします。

魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会 第1回会議を開催しました

第1回魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会

南魚沼市、十日町市、魚沼市、湯沢町、津南町の3市2町の首長を委員とする魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会(8月24日設立、会長:南魚沼市長)は10月26日(木曜日)に第1回会議を開催し、地方版図柄入り新ナンバープレートの導入に向け必要な手続きとなる「地方版図柄入りナンバープレート地域名表示追加要望書」を新潟県へ提出することを決定しました。要望書は10月30日付けで新潟県に送付しました。

このたびの要望書は新ナンバープレートの追加意向のある対象地域として、3市2町の首長の連名で提出するものであり、新潟県はこれを受けて、国の基準や手続き等に照らし、その妥当性を判断し、12月1日までに国土交通大臣に対して導入意向表明書を提出することとなります。

新ナンバープレートに表示する地域名は、現在、地域の住民や各関係団体の代表者で構成する「新ナンバープレート導入推進協議会」を設置し協議中です。今後、複数回の協議会を開催し、地域名を絞り込み、実行委員会で決定する予定です。

地方版図柄入りナンバープレート要望書(写)(PDF:226.3KB)

新ナンバープレート導入推進協議会の第1回会議を開催しました

dai1kai suishinkyougikai

魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会では、ご当地ナンバーの導入を目指し、新しい地域名や図柄を具体的に検討するため、新ナンバープレート導入推進協議会を設置しました。

9月29日(金曜日)、南魚沼市ふれ愛支援センターにおいて、新ナンバープレート導入推進協議会の第1回目の会議を開催しました。 当日は、協議会に4つの部会を設置し、新たな地域名について部会ごとに意見を出し合い、その結果を委員全員で情報共有しました。

〈主な意見の概要〉魚沼(平仮名表記含む)や越後といった行政区名または旧国名を含んだ名称が多く提案されたほか、湯沢、妻有を含んだ名称も出されました。 また、地域名に「雪」または「雪国」(平仮名表記含む)を取り入れたいとする提案が多くありました。

今回の会議を出発点として、この地域に最もふさわしいと思われる地域名や図柄について検討を進めていきます。

新ナンバープレート導入推進委員会名簿(PDF:351.6KB)

魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会を設立しました

実行委員会総会

8月24日(木曜日)、南魚沼市役所で、魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会設立総会を開催しました。

国土交通省では、ナンバープレートの多角的な活用を推進するため、ナンバープレートに図柄を入れることを可能にしました。また、全国各地から「ご当地ナンバー」の追加の強い要望があることから、ご当地ナンバーとナンバープレートに図柄が入った「地方版図柄入りナンバープレート」を組み合わせた「地方版図柄入り新ナンバープレート」の追加を行うこととしました。
この「地方版図柄入り新ナンバープレート」の導入を目指し、南魚沼市長、十日町市長、魚沼市長、津南町長、湯沢町長が発起人となり、魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会を設立しました。

設立総会では、実行委員会規約が承認され、規約に基づき、会長に南魚沼市 林市長が、副会長に十日町市 関口市長と魚沼市 佐藤市長が、幹事に津南町 上村町長と湯沢町 田村町長が就任することが決定しました。

関口市長はあいさつで「新ナンバープレートの導入によって、今まで以上にこの地域の魅力を全国に発信することができるものと期待しています。今回の実行委員会設立が、5市町のさらなる連携と各自治体の政策目標を達成するための協力事業となるとともに、導入に向けてしっかりと成果をあげることで、そのことが地域の住民にとって素晴らしい結果が導き出されることを期待しています。」と語りました。

実行委員会では、今後住民への周知を進めながら、地域名や図柄を検討し、平成32年度の交付開始をめざす予定です。

ご当地ナンバー導入の基準や詳しい内容は国土交通省が示した導入要綱をご参照ください。

国土交通省:地方版図柄入りナンバープレート

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 企画政策係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3193
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。