十日町カフェ(移住者との本音トークを楽しもう)

更新日:平成29年1月25日

若い移住者

新潟県の南西、長野県境付近に位置し、首都圏から車で3時間、上越新幹線とほくほく線で2時間半のところにある十日町市。
遠いようで近い田舎の十日町市で、移住を検討されている方、移住に興味がある方を対象に先輩移住者の本音を聞くことができる交流イベントを開催します。
インターネットや首都圏で開催されるセミナーでは聞くことができない移住の現実を知ることができる機会です。移住を検討されている方はぜひ参加ください。

イベント概要

イベント概要
開催日時 平成29年3月11日(土曜日)、3月12日(日曜日) 1泊2日
※日帰りでの参加も可能です。
参加費 無料
※ただし、十日町市までの交通費及び宿泊日は参加者の自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。
※東京都内からの交通手段として、「緑の直行便グリーンライナー(外部リンク)」をご利用いただけます。
主催 十日町市
企画運営 株式会社YELL(エール)

 

イベントスケジュール

3月11日(土曜日)
午後12時30分

十日町駅集合
※十日町市までの交通費、宿泊費は参加者の自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。
※東京都内からの交通手段として、「緑の直行便グリーンライナー(外部リンク)」をご利用いただけます。

午後1時00分 昼食休憩・移住者交流会(ALE beer&pizza)
午後4時00分 雪原カーニバルなかさと(外部リンク)」の会場へ移動
午後4時30分 体験プログラム「雪原カーニバルなかさと(外部リンク)」に参加
午後8時30分 宿泊施設・十日町駅へ移動
3月12日(日曜日)
午前9時00分 十日町市観光ツアー・個別移住相談会
午後12時00分 昼食休憩
午後2時30分 十日町駅西口グリーンライナー発車

※「緑の直行便グリーンライナー(外部リンク)」は、宿泊された方のみご利用いただけます。

雪原カーニバルなかさとのスノーキャンドル

「雪原カーニバルなかさと」とは

冬の終わりに雪原の一面に約2万本のスノーキャンドルを設置・点灯する来訪者参加型イベントです。夕方、空の色が紺色に変わる頃、会場となる「なかさと清津スキー場」のゲレンデ一面にオレンジ色の優しい光が灯ります。
企画から運営まで地域住民の手作りで行われるこのイベントでは郷土料理を楽しむことができるお店も出店されます。

※「雪原カーニバルなかさと」は、スキー場のゲレンデで開催されるため、防寒対策をお願いします。

詳しくは「雪原カーニバル公式ホームページ(外部リンク)」をご覧ください。

移住者交流会ゲストの紹介

十日町カフェでは、インターネットやセミナーでは知ることのできない移住者の生の声を聞いていただくため、先輩移住者が交流会にゲストとして参加します。
移住の動機、暮らしの様子、仕事、趣味、友人などイベント参加者が疑問に感じている様々なことに答えていただきます。この機会を利用し、ぜひ移住に関する疑問を一つでも多く解決してください。

井比晃さん

井比 晃さん(32歳)

前職は大手広告会社の営業。
地域に根差し、地域の役に立つ仕事がしたいと思い十日町市の地域おこし協力隊に応募。現在、隊員任期の2年目を迎えている。
隊員を退任後は、十日町市で自ら起業し、観光分野で地域が潤う仕組づくりをしたいと考え、現在準備中。

福島美佳さん

福島美佳さん(30歳)

東京都出身で移住6年目。
山間地に位置する池谷集落でボランティア活動をしたことを契機に地域おこしに目覚めて十日町市に移住。
現在は市内のNPO法人の職員として活躍。移住後に知り合った十日町市の男性と結婚し、地域おこしの活動と嫁業に奮闘中。

中島弘智さん

中島弘智さん(37歳)

以前は出版社「現代農業」に勤務。
地に足を着けて暮らしたいとの思いから、妻とともに十日町市に移住。
農業研修を経て、農事組合法人「ふれあいファーム三ケ村」で米づくり、営業を主に担当。農業を通じて小さい子どもからお年寄りまで元気に暮らせる地域づくりを目指して活動中。

西潟いずみさん

西潟いずみさん(29歳)

前職は通信関係の企業の事務職を担当。
地域の人と触れ合うことで地域に魅力を感じ、地域おこし協力隊として十日町市に移住。地域おこし協力隊を退任後は、十日町市役所の職員として採用され、公務員として勤めるとともに、休日を利用して地域おこし活動に取り組んでいる。
移住前に比べ、背伸びをせずに暮らすことができていると日々実感している。

稲見朋子さん

稲見朋子さん(25歳)

東京都内の美術大学在学中から展示のレセプションパーティ等を手がけ、大学卒業後に縁のあった十日町市に拠点を移す。
現在は、「地層食堂」としてケータリングや屋台出店、ワークショップ等の活動に精力的に取り組んでいる。

佐藤可奈子さん

佐藤可奈子さん(29歳)

平成16年10月に発生した新潟県中越大震災で被災した池谷集落の復興ボランティアに参加したことを契機に平成23年2月に十日町市に移住。
地域の人から土に向かうことを学び、里山の生き方や文化を守りつなぎたいと思い、自らが就農し、現在は「かなやんファーム」を運営。
移住後に十日町市の男性と結婚し、現在は一児の母。里山と子どもたちをつなぐ農園づくりを目指している。

申し込み方法

十日町カフェのお申し込みは、電話かメールで以下の連絡先にご連絡ください。

十日町カフェのお申し込み・お問合わせ先
企画運営 株式会社YELL(エール)
電話番号 025-761-7401
e-Mail tokamachiyell@gmail.com
申し込みに必要な事項

メールでお申し込みの場合は、以下の事項を明記ください。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 交通手段
  4. 宿泊の有無と宿泊施設
  5. 移住者交流会で移住者に聞きたいこと
  6. 市役所担当者に聞きたいこと
  7. 3月12日(日曜日)のツアーへの参加希望
緑の直行便グリーンライナーのお申し込み
申し込み先 緑の直行便グリーンライナー(外部リンク)」からお申し込みください。
利用料金 片道1,000円(往復2,000円)
利用上の注意
  1. グリーンライナーは、宿泊される方のみご利用いただけます。
  2. 十日町カフェのお申し込みとは別に事前に予約が必要です。十日町カフェに参加を希望される方はお早めに予約ください。

 

十日町カフェチラシ(PDF:957.4KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。