9月10日は下水道の日

更新日:平成30年9月10日

未来へと ぼくらがつなぐ 下水道

毎年9月10日は「下水道の日」です。

「下水道の日」は、下水道の役割や、下水道整備の重要性などについて理解と関心を深めることを目的とした記念日です。この日の前後には、下水道事業への理解と協力を得るため、全国各地で様々な啓発行事が行われます。なお、十日町市でも10月14日に下水道フェアを実施しますので、ぜひご来場ください。

十日町市下水道フェア2018

この機会に、下水道に接続している皆さまは、下水道の正しい利用ができているか自己チェックをしてみてはいかがでしょうか。

下水道を利用される皆さんへ(正しい下水道の利用について)

また、下水道に未接続の皆さまは、下水道への接続をご検討ください。
排水設備工事のご相談・ご依頼につきましては、最寄りの十日町市排水設備指定工事店にご相談ください。

排水設備工事の手続きについて

下水道マスコットキャラクター「スイスイ」

「下水道の日」とは

「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率: 6 %)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、当時の下水道を所管していた建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現在は環境省に所管変更)と本会の前身団体が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。
それから約40年。日本における近代下水道の基である「下水道法(当時は旧下水道法)」が制定された1900年(明治33年)から100年を迎え、その記念行事が行われたことや、平成13年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたること、さらには近年の下水道に対する認識の高まりもあり、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されました。
「下水道の日」が9月10日と定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによります。
「下水道の日」の前後は、全国各地の下水処理場で下水道のイベントが開催されています。

 

<以上、国土交通省ホームページより抜粋>

 

この記事に関するお問い合わせ先
環境エネルギー部 上下水道局 下水道係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市寅甲688番地(十日町市下水処理センター内)
直通電話番号:025-757-3141
ファックス番号:025-752-7009

メールでのお問い合わせはこちら