入院中の食事代

更新日:平成30年11月12日

入院中の食事代

入院中の食事代

入院中の食事にかかる費用のうち、標準負担額を医療費とは別に負担していただきます

入院中の1食あたりの標準負担額
一般、現役並み所得者 460円
市民税非課税世帯の方
70歳以上で低所得者2の方
過去1年間で90日までの入院 210円
過去1年間で90日を超える入院 160円
70歳以上で低所得者1の方 100円

高額療養費の払い戻し

市民税非課税世帯の方は、申請をすれば食事代が安くなります。

世帯の国民健康保険加入者全員が市民税非課税の方は、『国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証』が必要です。

申請の手続き

本庁国保年金係または各支所市民課に申請してください。なお、交付を受けたら、認定証を病院の窓口に必ず提示してください。

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証(兼高齢受給者証)
  • 個人番号のわかるもの
  • 顔写真入りの身分証明書(運転免許証等)
  • 過去1年間で入院がある場合は医療費の領収書

認定証の既交付者で入院日数が90日を超えた場合、再度申請をしてください。

70歳未満で市民税非課税世帯の方、70歳以上で低所得者2の方は過去1年間の入院日数が90日を超えた場合、食事代がさらに安くなります。
その場合、再度の申請が必要です。
認定証と90日を超えたことがわかる入院期間の領収書を持参してください。
また、差額支給が出る場合がありますので、振込先口座等がわかるものを持参してください。

この記事に関するお問い合わせ先
市民福祉部 市民生活課 国保年金係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-757-3735
年金担当ダイヤル:025-757-3748
ファックス番号:025-752-6924

メールでのお問い合わせはこちら