退職者医療制度

更新日:平成28年2月15日

退職者医療制度

退職者医療制度加入者の医療費を社会保険等が一部負担することにより、国民健康保険と社会保険等との公平を図るために設けられた制度であり、国民健康保険法にも規定されている重要な制度ですので、忘れずに届出をお願いします。

対象となる人

長い間勤めた会社などを退職して国民健康保険に加入している方のうち、以下の方は退職者医療制度で医療を受けることになります。

退職被保険者の資格要件

  1. 国民健康保険に加入していること。
  2. 65歳未満であること。

退職被扶養者の資格要件

  1. 国民健康保険に加入していること。
  2. 65歳未満であること。
  3. 退職被保険者の3親等以内の親族であること。
  4. 退職被保険者と同一の世帯に属すること。
  5. 主として退職被保険者により、生計を維持している(住民税の配偶者控除または扶養控除の対象である)こと。
    前年の収入額が130万円未満(60歳以上または障害者については180万円未満)で、退職被保険者の年間収入の2分の1未満であること

退職者医療制度の自己負担割合

医療費の自己負担割合は国民健康保険一般の方と同様、入院・外来ともに3割負担です。

手続きに必要なもの

  • 保険証
  • 年金証書(年金証書が届いたら14日以内に届け出てください。)
    ・40歳以降10年以上の方は、加入期間のわかる書類
    ・年金証書が交付されていない方は、年金受給資格があることを証明できる書類
この記事に関するお問い合わせ先
市民福祉部 市民生活課 国保年金係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-757-3735
年金担当ダイヤル:025-757-3748
ファックス番号:025-752-6924

メールでのお問い合わせはこちら