エフエム告知受信機(防災ラジオ)の取り扱い

更新日:平成30年4月6日

 十日町市は、対処に時間的な余裕がない緊急情報を市内へ一斉に提供するため、エフエム告知放送システムとその受信機(防災ラジオ)を整備しました。

概要

 エフエム告知放送システムは、国民保護や災害発生など、対処に時間的余裕がない緊急的な情報を、コミュニティエフエム放送局『エフエムとおかまち』の電波(78.3メガヘルツ)を利用し、音声で市内一斉に伝達するシステムです。緊急時にはエフエムとおかまちの通常放送に割り込んで、緊急情報を放送します。

 この緊急割り込み放送を行うため、市役所と消防本部に割り込み放送設備を設置してあります。また、市内の各世帯や事業所には、このシステム専用の受信機(防災ラジオ)を設置しています。この受信機は、平常時にはエフエムとおかまちの放送を聴くことができるラジオとして使用でき、緊急割込み放送を行ったときは、電源を切っていても強制起動して、最大音量で放送が流れます。なお、強制起動するためには、エフエムとおかまちの電波を良好に受信できること、ACアダプタを常時コンセントへ差し込んでおくことなど、条件がありますので、詳細は『受信機(防災ラジオ)について』の項をご確認ください。

各世帯と事業所に配置されている受信機(防災ラジオ)の画像

各世帯と事業所に配置されている受信機(防災ラジオ)

緊急割り込み放送する情報

 国民保護や災害に関するもので、十日町市に関係する情報を緊急割り込み放送します。

J-ALERT(ジェイアラート)経由で放送される内容

 以下は、国からJ-ALERT(ジェイアラート)を通じて配信される情報です。これらは、受信したら職員が操作することなく、自動で緊急割り込み放送をします。

J-ALERTとは・・・弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を、人工衛星を用いて国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市区町村の同報系の防災行政無線等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム

J-ALERT(ジェイアラート)経由で放送される内容
目名 内容及び当市での放送基準
緊急地震速報 地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析し、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づき推定された各地での主要動到達時刻や震度の情報が伝達されるもの。十日町市での予測震度が4以上のとき、緊急割り込み放送する。
震度速報 震度3以上を観測した地域名と地震の発生時刻が、地震発生の約2分後に伝達されるもの。十日町市での震度が4以上のとき、緊急割り込み放送する。
弾道ミサイル情報 弾道ミサイルが発射され、国内に影響がおよぶおそれがある場合、伝達されるもの。十日町市に着弾のおそれがあるとき、緊急割り込み放送する。
航空攻撃情報 航空機により国内が攻撃されるおそれがある場合、伝達されるもの。十日町市が攻撃されるおそれがあるとき、緊急割り込み放送する。
ゲリラ・特殊部隊攻撃情報 ゲリラや特殊部隊により国内が攻撃されるおそれがある場合、伝達されるもの。十日町市が攻撃されるおそれがあるとき、緊急割り込み放送する。
大規模テロ情報 大規模なテロにより、国内に危険がおよぶおそれがある場合、伝達されるもの。十日町市に危険がおよぶおそれがあるとき、緊急割り込み放送する。
キャンセル報 既に送信された緊急地震速報および国民保護情報について、その情報が誤報であった場合、伝達されるもの。十日町市が該当するとき、緊急割り込み放送する。

 

十日町市が独自に放送する内容

 以下は、災害の発生など緊急時の状況に応じ、職員の操作により、手動で緊急割り込み放送をします。

十日町市が独自に放送する内容
項目名 内容及び放送基準
災害に関する情報 国民保護事案や災害の発生(原子力災害含む)、またその発生が予想される場合、特に住民へ注意、警戒を促す必要があるとき、関係する情報を緊急割り込み放送する。
避難に関する情報 国民保護事案や災害の発生(原子力災害含む)、またその発生が予想される場合、住民への避難準備情報、避難勧告、避難指示などを発令したとき、その内容を緊急割り込み放送する。
防災気象情報 十日町市に気象特別警報が発表された場合、緊急割り込み放送する。
火災に関する情報 十日町市内の火災で、広範囲に延焼し、社会的影響が大きいと判断される場合、緊急割り込み放送する。
その他の情報 上記までにない内容で、国民保護や災害に関する情報で市が必要と認める場合、緊急割り込み放送する。

 

受信機(防災ラジオ)

設置

 受信機(防災ラジオ)は、市内の世帯や事業所などに1台ずつ配備しています。引っ越しなどで当市へ転入されてきた場合や、住宅新築などで新たに世帯を設けた場合など、受信機の訪問設置を行いますので、以下の連絡先へ電話をしてください。また、設置作業は、作業員が自宅や事務所の中に入り、電波状況を確認して行います。電波状況が良くない場合、屋外アンテナの取り付けを行わせていただく場合がありますのでご了承ください。

回収

 引っ越しなどで当市から転出される場合など、受信機の訪問回収を行いますので、以下の連絡先へ電話をしてください。アパートほか借家については、管理会社や大家さんと相談したうえで、連絡をお願いします。(次の入居者が決まっている場合などは、そのまま引き継いでいただいて構いません。)

故障対応

 電源を入れても音が出ない、雑音がするなど、不具合があるときは、受信機の訪問修理を行いますので、以下の連絡先へ電話をしてください。故障の程度によっては、一旦受信機を預かり(代替機対応あり)、修理後に再配置となることもあります。

設置、回収、故障対応連絡先

  • 株式会社エフエムとおかまち
  • 電話:025-752-7824
  • 受付は平日の9時00分から17時30分まで

設置対象

  • 十日町市に住民登録をしている世帯(世帯分離をしているが同一家屋で生活している場合は1台のみの配置)
  • 十日町市に所在する有人の事業所(併用住宅は世帯分と合わせて1台のみの配置)および公共施設
  • 市指定避難所(地域の自主避難所は除く)
  • 上記以外で市長が必要と認めたもの(住民登録はないが実際に居住している世帯) 

取り扱いにおける注意事項

  • 前項「設置対象」に該当する場合は、受信機は市から無償貸与という形で設置をしています。設置にあたり費用を負担いただくことはありません。「設置対象」に該当しない場合は、個別に受信機を購入していただきます。詳しくは、設置、回収、故障対応連絡先へお問い合わせください。
  • 故障についても原則市で負担しますが、故障原因によっては、使用者から負担いただく場合がありますので、受信機の取り扱いには十分ご注意ください。
  • 電波状態が悪く、雑音が多いと強制起動がかからないばかりか、スイッチを入れても緊急割り込み放送が受信できないおそれがあります。定期的に受信機のスイッチを入れて、通常のエフエムとおかまち放送が明りょうに受信できるか確認いただき、電波が良好に受信できる場所への設置をお願いします。
  • スイッチを切っていても、受信機のACアダプターは、常時コンセントへ差し込んでおいてください。これをしていないと、受信機が待機状態とならず、強制起動がかからないおそれがあります。また、付属以外のACアダプターの使用は故障の原因となりますので、絶対に使用しないでください。
  • 停電したときや屋外に持ち出したときでも使用できるよう、受信機には単三電池3本による予備電源を備えています。電池が消耗すると、受信機前面フロントパネルの『電池』ランプが橙色に点滅し、スイッチを切っておいても通常のエフエムとおかまちの放送が、4時間おきに数秒間最大音量で流れるという挙動が起きます。この挙動が起きたら、恐れ入りますが使用者で単三電池3本を交換してください。

 

受信機(防災ラジオ)フロントパネルの画像

受信機(防災ラジオ)のフロントパネル

受信機(防災ラジオ)電源の画像

受信機(防災ラジオ)の電源

ダイヤルを上方向に回すと電源が入り音量調整できます

受信機(防災ラジオ)ACアダプタの画像

受信機のACアダプタは常時コンセントに差し込んでおいてください

受信機(防災ラジオ)単三電池の画像

予備電源(単三電池3本)は受信機裏面です

奥の電池が取り出しにくいですが必ず3本を交換してください

毎月の試験放送

 毎月第1月曜日の午後2時00分(祝日問わず)から、1分ほどの試験放送を行います。受信機が正常に緊急起動し放送できるか、試験をします。受信機の近くにいる場合は、正常に放送が流れるか確認をお願いします。

 試験放送を実際に確認できなかった場合も、試験放送の受信後24時間は受信機前面フロントパネルの『受信』ランプが黄色く遅い点滅をするので、そちらで正常に受信したか確認してください。

平成30年度の試験放送日

4月2日、5月7日、6月4日、7月2日、8月6日、9月3日、10月1日、11月5日、12月3日、1月7日、2月4日、3月4日

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 防災安全課 防災安全係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3197
ファックス番号:025-752-2122

メールでのお問い合わせはこちら