「ドーム中里きらら」3月の定期投影

更新日:平成30年1月29日

3月中旬午後9時頃の星空

 3月6日は二十四節気の「啓蟄」です。冬の寒さに身を縮めて、土の中で冬ごもりをしていた虫や動物たちが這い出して活動を始める頃という意味です。そして、21日は「春分の日」、暦の上では春真っ盛りです。

 天頂付近を見上げると、ふたご座のカストルとポルックスが仲良く並び、南西にはオリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結ぶ「冬の大三角」が広がっています。

 北の空では、カシオペヤが沈みはじめ、北斗七星を含むおおぐま座が空高く昇って来ています。

「ドーム中里きらら」3月の定期投影の詳細
分野

文化・芸術,生涯学習・図書館,自然・環境

日程 2018年03月04日,2018年03月11日,2018年03月18日,2018年03月25日

投影時間 午前11時から11時45分まで

会場 ショッピングセンターユーモール

〒949-8406 新潟県十日町市山崎己1415番地 ショッピングセンターユーモール内

電話:025-763-2414

ファックス:025-763-4437

対象者

どなたでもご覧いただけます

料金

 

料金表
  大人(高校生以上) こども(中学生以下)
定期投影 200円 100円
団体投影 2,000円 1,000円

 

定員

定員あり(先着順)

34名

内容

2月の番組

  1. 今夜の星空
  2. 1秒ちょっと前の月(リブラ社)

(あらすじ)

 「宇宙はどうなっているのだろう?」「宇宙の大きさは?」「宇宙の外側とは?」「我々はどこから来て、どこへ行くのか?」歴史に名を残した天文学者たちが、湖のほとりのキャンバスの上に現れて、夜空を見上げています。

 これらの問いは、人類にとって永遠のテーマであり、その答えは未だに謎のままではあります。宇宙に想いを馳せた偉人たちの過去から現在へ、そして宇宙の果てへ、その想いが受け継がれていきます。

 宇宙の大きさを歴史上の天文学者と一緒に考えることで、宇宙に対する興味を深めていくことができるものと思います。

その他

1秒ちょっと前の月

申し込み

申込不要

問い合わせ先 教育委員会 文化スポーツ部 中里公民館

所在地:〒949-8401 新潟県十日町市上山己2133番地(中里庁舎2階)
直通電話番号:025-763-2493
ファックス番号:025-763-4560

メールでのお問い合わせはこちら