HAKKAKE展示 十日町市最古の狩猟具

更新日:令和元年6月7日

十日町市最古の狩猟具

十日町市で最古の道具、狩猟具を展示します。
この狩猟具は今から約23,000年前の石器で、市内の3箇所の遺跡から出土しました。氷河期の移動生活が続いたこの時代において、石器を作るための最も洗練された技術の一端を垣間見ることができます。是非ご覧ください。

期間

2019年6月5日(水曜日)~8月5日(月曜日)

会場

十日町市市民交流センター「分じろう」内

文化歴史コーナー「HAKKAKE」(十日町市本町2丁目226-1)

会場は博物館ではありませんのでご注意ください。

内容

市内3遺跡(赤羽根遺跡、南谷地館跡、高島南原B遺跡)出土の旧石器時代資料、展示解説パネル

料金

無料

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市市民交流センター「分じろう」

十日町市博物館

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 博物館

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら