GAPに取組みましょう

更新日:平成30年11月1日

GAP(ギャップ)について

 G.A.PとはGOOD(よい)、AGRICULTUAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことで農業において食品安全、環境安全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理のことです。GAP認証には審査認証制度があり、国内ではGLOBAL.G.A.P認証、ASIAG.A.P認証やJGAP認証があります。その中でも現在、GLOBAL.G.A.PはGFSI(Global Food Safety Initiative:世界食品安全イニシアティブ)という食品安全の向上と監査コストの適正化を目的とした民間事業者による国際的な組織から承認された認証制度であり、世界で信頼に足る食品安全認証制度として認識されている認証制度です。

 東京オリンピックパラリンピックでの農産物の調達基準では、認められたGAPに基づき生産された農産物でなければ組織委員会が提供する飲食サービスに使用できないこととされ、世界中で認証GAPの取り組みは拡大しており食品流通や販売企業からも注目されています。

関連リンク

農林水産省ホームページ

GAP普及推進機構/GLOBALG.A.P協議会ホームページ

日本GAP協会ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 農林課 農業企画係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3120
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら