更新日:平成31年1月1日

地域おこし協力隊の配置を希望している地区を紹介します。

次のリンク先もご覧ください。

【随時募集中】十日町市地域おこし協力隊の募集

地域おこし協力隊募集地区の紹介1~4

北山地区の様子

老若男女の笑顔溢れる地域づくりを目指すため、今、「やる気のあるあなた」を必要としています

道普請(集落共同作業)

道普請(集落共同作業)

道普請(集落共同作業)

集落センターの補修(集落共同作業)

明後日田んぼの草刈(隊員作業中)

※明後日新聞社(NPO団体)の活動支援

夏祭り

ぼんぼ様(小正月行事)

年男・年女が勢ぞろい(小正月行事)

芸術祭作品の除雪(想像する家)

明後日田んぼの田植え(東京藝大生ほか)

明後日田んぼの稲刈(東京藝大生ほか)

はざ掛け(東京藝大生ほか)

脱穀作業(東京藝大生ほか)

明後日田んぼ収穫祭

(住民と東京藝大生・OB)

明後日田んぼ収穫祭

(住民と東京藝大生・OB)

明後日朝顔の苗植え(東京藝大生ほか)

【関連リンク】

十日町市莇平-Googleマップ

明後日新聞社文化事業部

活動のための基本情報

 基本情報(配置要望書より)

1

隊員の活動エリア

北山地区(集落名:田野倉、仙納、莇平)

2

地区が隊員に求めるもの

理想の隊員像

 ・積極的に地域とのコミュニケーションがとれること

 ・情報発信媒体の活用に長けていること(できるだけ広く情報発信したい)

 ・雪国でも耐えられる強い体力があること

3

地区からのコメント

新隊員募集のために、市からの報酬とは別で、地区からも特典を用意しました。

  【特典】明後日田んぼの草刈等管理をすることで、お米食べ放題

北山地区では、地区の活動を集落の存続と活性化につなげ、笑顔のあふれる明るい地域づくりを目指します。

そのために「やる気のあるあなた」を必要としています。

4

世話人

高橋多一郎さん、樋口重勝さん、室岡茂人さんの3人

 ※世話人とは、地域との仲立ち役として、地区内のことについて相談に乗る人のこと

左から順に、室岡茂人さん、高橋多一郎さん、村越優子さん(現隊員)、樋口重勝さん

具体的な活動内容

 活動内容(配置要望書より)

1

全隊員共通の活動

地区との関係づくり・道普請のほか、各種集落活動や行事に参加すること

 ・地区の活動を支援するなかで、地区への理解を深めること

 ・地区で何か困りごとがあれば、親身になって相談に乗り、可能であれば支援すること

2

担当地区ごとの活動

地区の活動支援

 目標(地区の将来像)

今、協力隊がやるべきこと

1

集落を存続していく

□地区に新しい人を呼び込む

 ・外部の目線で集落の魅力を探り、広報する

 ・大地の芸術祭や集落に入っているアーティストとの交流を継続し、

  地区に新しい活力や人を呼び込む

 ※明後日新聞社の活動支援や東京藝術大学生との交流など

2

より明るく楽しい地域になる

□住民の連携をより強固にする

 ・各種集落行事に参加し、住民の連携をサポートする

 ・地区内の交流を増やす方策を探る

□高齢者の楽しみを増やす

 ・高齢者向けのレクリエーションを企画・提案する

 ・そうした活動に外部の視点を活かす

3

集落を活性化する

□地域資源の活用に取り組む

 ・お米・山菜・野菜などの地域資源を活用する

 ・その商品化(田舎料理など)や販売方法を開発する

□耕作放棄地の活用に取り組む

 ・農業に意欲的な地区の先輩方と積極的に交流する

 ・隊員自身が農業技術を習得する

 ・隊員自身が自立できるようになる

 (任期中から生産業に携わるなど)

 

3

定住に向けての活動

スキルアップ

 ・地区で暮らすための技術の習得(豪雪地での暮らし方、山間地での暮らし方、営農技術)

4

任期満了後の展望

【生業について】

 地区内の企業に紹介できる。希望する職種によっては、サポートできる。

 就農希望者には、農家を紹介できる(無肥料・無農薬栽培を15年にわたり実践している人)

【定住について】

 住居については、活動期間中に目星をつけておくとよい。

※具体的な活動内容は、募集の際に地区が提出する配置要望書の内容(上記)に基づくほか、地区側の必要に応じて随時追加・変更されます。

※その場合の活動については、募集要項に例示がありますので、併せてご確認ください。

住居の候補(地区が紹介できるもの)

外観

外観

外観

キッチン

バスルーム

トイレ

※この物件は、市の借り上げ物件ではありません。

※この物件は、家主と隊員とで賃貸等の契約を締結するものです。(市は仲介しません)

※他の物件への居住を希望する場合は、地区との相談となります。

※引越しや入居に伴う費用は、入居隊員本人の負担となります。

※家賃等費用の市からの支給については、募集要項をご確認ください。

※家財道具等の使用可否については、家主と相談してください。

1

住居住所

十日町市莇平(あざみひら)

2

家賃額(月額)

30,000円

3

家主

莇平区

4

修繕の必要

なし

5

除雪の必要

1.駐車場 不要

2.道路から自宅までの私道 必要(1m程度)

3.屋根 不要(自然落下式)

4.住宅周辺敷地(屋根から降ろした雪の処理含む) 不要

6

駐車場

無雪期:あり(1台分)

降雪期:あり(1台分)

7

トイレ

洋式(簡易水洗)

8

浴槽

浴槽・シャワーあり

9

特記事項

なし

峰方地区の様子

農林業の継続と地域経済の活性化に取り組み、地域社会を継続していきます

 

この地域は、農林業が主な産業になっていますが、過疎化・高齢化が進み、峰方地区でも農業後継者不足が大きな問題となっています。

峰方地区では、里山の自然という財産を活かし、農林業に従事する若者の増加を目指します。

そのことが里山の自然保護や荒廃防止、ひいては地域社会の継続につながります。

(配置要望書より)

 

左写真 : 地区からの風景(雪原から苗場山を望む)

地区からの風景(雲海)

地区からの風景(初冬の朝)

蓬平集落の様子(収穫祭)

蓬平生産組合の様子

やぶこざきの会の様子

(山菜採りツアーイベント)

活動のための基本情報

 基本情報(配置要望書より)

1

隊員の活動エリア

峰方地区(集落名:蓬平、会沢、清水、桐山)

2

地区が隊員に求めるもの

理想の隊員像は・・・

 ・健康であること

 ・地域を明るくするためのコミュニケーション能力があること

 ・自然が好きで、田舎が好きで、そこに住むことでアイデアを持てること

 ・アイデアを実現できる行動力があること

3

地区からのコメント

 地域の人に信頼されていればおのずと道は開けますし、皆が手を差し伸べます。そういった人が成長できるようなフォローを地域として行っていきます。

4

世話人

若井君男さん、小堺よし子さん、小山征一さん、寺崎敬一さんの4人

※世話人とは、地域との仲立ち役として、地区内のことについて相談に乗る人のこと

若井 君男さん

具体的な活動内容

 活動内容(配置要望書より)

1

全隊員共通の活動

地区との関係づくり

 ・道普請のほか、各種集落活動や行事に参加すること

 ・地区の活動を支援するなかで、地区への理解を深めること

 ・地区で何か困りごとがあれば、親身になって相談に乗り、可能であれば支援すること

2

担当地区ごとの活動

 目標(地区の将来像)

今、協力隊がやるべきこと

1

農業後継者不足の解消

□蓬平生産組合の支援

 ・米の生産やブランディング、販売促進の支援

□農林業を生業として続ける方策の検討と実施

 ・現在の技術や方法を用いて考える

 (6次産業化、体験交流事業化など)

□農林業を生業にできる若者の発掘

 ・若者(20代~40代)へのアプローチ方法の検討と実施

2

地域経済の活性化

□松代やぶこざきの会の支援

 ・アウトドア里山体験、キャンプ場、交流事業の支援

□松代地域や峰方地区に経済効果をもたらす方法の検討と実施

 ※交流人口が多いので、それを活かしたい

□芸術祭と地域とのパイプ役となり、交流を拡大する

3

地域の空気を明るくすること

□地域活動に参加して、明るく会話すること

□高齢者世帯の農作業などの支援

□独居高齢者の生活支援

 ・福祉活動(日常のコミュニケーション+α)

 ※「+α」は、例えばちょっとした作業を手伝うなど

3

定住に向けての活動

スキルアップ

 ・地区で暮らすための技術の習得(豪雪地での暮らし方、山間地での暮らし方、営農技術)

4

任期満了後の展望

【生業について】 

 生業の創出も活動に含まれるため、就農・就職・起業等に必要な知識と技術は、任期中に習得することが可能であり、地区も協力していく。

 自分自身で未来を切り開く気持ちを持てば、任期中に自分が作り上げた組織やシステム、または地域に浸透した組織(蓬平組合、松代やぶこざきの会)などに属し、さらに活動を発展させ生業にすることも可能である。

【定住について】

 新規就農の補助金を使って定住した人もいるため、地区内の先輩から経験などの助言を受けることができる。

※具体的な活動内容は、募集の際に地区が提出する配置要望書の内容(上記)に基づくほか、地区側の必要に応じて随時追加・変更されます。

※その場合の活動については、募集要項に例示がありますので、併せてご確認ください。

住居の候補(地区が紹介できるもの)

冬期の外観

キッチン

風呂場

トイレ

※この物件は、市の借り上げ物件ではありません。

※この物件は、家主と隊員とで賃貸等の契約を締結するものです。(市は仲介しません)

※他の物件への居住を希望する場合は、地区との相談となります。

※引越しや入居に伴う費用は、入居隊員本人の負担となります。

※家賃等費用の市からの支給については、募集要項をご確認ください。

※家財道具等の使用可否については、家主と相談してください。

1

住居住所

十日町市会沢699番地

2

家賃額(月額)

30,000円

3

家主

地区住民

4

修繕の必要

なし

5

駐車場

無雪期:あり(1台分/屋根なし)

降雪期:あり(1台分/屋根なし)

6

除雪の必要

1.駐車場 必要

2.道路から自宅までの私道 必要(25m程度)

3.屋根 不要(自然落下式)

4.住宅周辺敷地(屋根から降ろした雪の処理含む) 必要

7

トイレ

洋式(汲み取り)

8

風呂

浴槽・シャワーあり、追い炊きなし

9

特記事項

家主が年に数回訪れており、居住環境は良好

布川地区

紹介予定だった物件が使用できなくなったため、募集を一時取り下げています。

紹介できる物件が見つかりましたら、再掲予定です。

なお、現地視察等の問合せは、他の地区と同様に承っております。

浦田地区の様子

経験者歓迎! 浦田地区のスーパーマーケットの次期経営幹部を募集します!

 

浦田地区では、地区の合同出資によるスーパーマーケットを継続的に運営するため、次期幹部として育つ人材を必要としています。

地域活動を通して、地区住民のニーズを把握し、地区の事業に反映させてください。

任期中に店舗経営スタッフとして成長し、3年後にはこの地域の一員として定住・自立して生計が立てられる状態を目指し、一緒に取り組みます。

農業体験の様子

小正月の準備

集落の様子(そば処ほほえみ)

イベントの様子

夏祭りの様子

活動のための基本情報

 基本情報(配置要望書より)

1

隊員の活動エリア

浦田地区のうち8集落(集落名:藤原、曽根、新田、上之山、湯之島、豊田、北浦田、西之前)

2

地区が隊員に求めるもの

理想の隊員像は・・・

 ・誰とでもコミュニケーションがとれる、明るくて活発な人柄の人

 ・隣接する奴奈川地区も含めてただ1つとなった生鮮食品店舗を維持し、住民生活を守るという使命感を持ち、将来定住してその活動を継続する意欲のある人

 ・浦田地区協議会とともに当面の地区課題に対応するため、多様な価値観を理解する意欲と能力を持つ人

 ・素直・勉強好き・何事にも前向きに挑戦する人

 ・年齢は、概ね50歳未満を希望

3

地区からのコメント

浦田地区では、越後田舎体験の宿泊型体験学習の受け入れの他、宿泊施設「花立(はんたて)」やスーパーマーケット「ふれあい浦田」の運営などの事業を展開し、地域づくりに取り組んでいます。特に、このスーパーマーケットは、地区に残る最後の1店舗であり、住民の生活必需品の確保に重要な役割を果たしています。

また、大地の芸術祭の作品として設置されたオーストラリアハウスでは、アーティスト滞在によるレジデンス型の交流イベントも年に数回実施されています。

こうした活動を継続し、地区住民にコミュニティによる恩恵を感じてもらうことで、地元に誇りと自信を持てる状態を目指します。

4

世話人

飯塚哲郎さん、佐藤新一郎さん、妻島啓子さんの3人

※世話人とは、地域との仲立ち役として、地区内のことについて相談に乗る人のこと

飯塚 哲郎さん

妻島 啓子さん

佐藤 新一郎さん

具体的な活動内容

 活動内容(配置要望書より)

1

全隊員共通の活動

地区との関係づくり

 ・道普請のほか、各種集落行事に参加すること

 ・地区の活動を支援するなかで、地区への理解を深めること

 ・地区で何か困りごとがあれば、親身になって相談に乗り、可能であれば支援すること

2

担当地区ごとの活動

地区の活動支援

 目標(地区の将来像)

今、協力隊がやるべきこと

1

住民生活の維持

(日々の生活必需品が問題なく調達できる)

 ・地区のスーパーマーケットの継続運営

□店舗運営の支援(運営スタッフとして)

□店舗経営会議の設立及び運営補助

 ・経営指標数値の整理

 ・参考にすべき事例の収集

 ・会議の進行 など

2

地元に誇りと自身をもてる

 ・越後田舎体験の取組継続

□越後田舎体験の運営支援

 ・受入農家のフォロー

 ・受入のリクルーティング補助

3

コミュニティの恩恵を実感できる

 ・多角化する住民ニーズに対応したコンテンツの提供

□地区の課題解決に向けた取組の支援

 ・現隊員や地域住民と連携

 ・コミュニケーションを推進することで、

  地区課題発見とテーマ共有を進める

 

3

定住に向けての活動

スキルアップ

 ・地区で暮らすための技術の習得(豪雪地での暮らし方、山間地での暮らし方、店舗経営技術)

4

任期満了後の展望

店舗経営スタッフとしての成長を期待して地区を挙げた支援を行い、3年後には当地の一員として定住・自立して生計が立てられる状態を目指します。

住居の候補(地区が紹介できるもの)

ロビー

ロビー

1階事務室

調理場

洗濯室

トイレ

バスルーム(浴槽側)

バスルーム(シャワー側)

※この物件は、市の借り上げ物件ではありません。

※この物件は、家主と隊員とで賃貸等の契約を締結するものです。(市は仲介しません)

※他の物件への居住を希望する場合は、地区との相談となります。

※引越しや入居に伴う費用は、入居隊員本人の負担となります。

※家賃等費用の市からの支給については、募集要項をご確認ください。

※家財道具等の使用可否については、家主と相談してください。

1

住居住所

十日町市浦田7575番地 宿泊施設「花立」内

2

家賃額(月額)

30,000円

3

家主

浦田地区協議会

4

修繕の必要

なし

5

駐車場

無雪期:あり(20台分)

降雪期:あり(2台分)

6

除雪

1.駐車場 必要

2.道路から住居までの私道 必要(10m程度)

3.屋根 不要(落雪式)

4.住宅周辺敷地(屋根から降ろした雪の処理含む) 必要

7

トイレ

洋式・水洗(浄化槽)

8

風呂

浴槽・シャワーあり、追い炊き可

9

特記事項

1.宿泊施設ですので、随時、宿泊客の出入りがあります。

2.2階の洋室一部屋をプライベートスペースとして使えます。

3.1階の事務室も居住スペースとして使っていただいて構いません。

4.各階に厨房と男女別のトイレが設置されています。浴室も男女別です。

5.それぞれの部屋の入口は施錠できるため、相応にプライバシーを確保できます。