まちなかステージづくり通信

更新日:平成28年2月15日

 「市民活動センター・まちなか公民館」「市民交流センター」の整備を中心に、「まちなかに必要な機能」「機能をどう配置するか」「機能に合った施設のデザイン」「まちなかや施設の運営していく仕組みや主体」などについて、構想段階から使い手の皆さんによる主体的な参画・議論を重ねて作り上げていきます。

まちなかステージフェスタ開催しました。

(写真)まちステフェスタ集合写真

 平成27年3月15日(日曜日)、「まちなかステージづくり」の経過や施設設計案などの中間発表、整備後の施設活用方法・仲間づくりなどを目的に、「まちなかステージフェスタ」を開催しました。

  • 施設の巨大模型やこれまでの取り組みを紹介したパネル展示、カレー屋台、ダンスなどの他、チンドン屋さんがアーケードを練り歩きました。
  • 会場へは250人以上の方が来場し、青木淳さん・山崎亮さんによるプレミアムトークセッションには立ち見を含め90人近い方が集まりました。
  • トークセッションは、まちなかステージ応援団のメンバー2人が青木さん・山崎さんに生の疑問や質問をぶつける形式で行われ、会場の皆さんと「楽しむとは・まちづくりとは何か」について共有することができました。

仲間募集 

 まちなかステージづくりでは、平成27年3月には施設の設計が完了し、いよいよ整備工事が始まります。
 これからは、「整備された施設やまちなか(中心市街地)をどう楽しむか・使いこなすか」という段階に入ります。
 まちなかステージ応援団をはじめ、このステージで「自分なりに楽しむ仲間」を増やしていきたいと考えています。ぜひ、気軽に参加してみてください。 

企画・運営

 フェスタの企画や運営は、これまでワークショップ等に参加している市民有志の皆さん約20人が結成した「まちなかステージ応援団」が行ないました。
 会場のシャッターに登場した巨大ビルボード(告知看板)も、A4サイズのパーツを皆さんでつなぎ合わせて完成させたものです。設置の際は、建築に携わっているメンバーがプロの技で見事な木枠を組んで固定してくれました。
 こういった「それぞれができることをやる」プロジェクトが、少しずつ増えていくことを目指しています。

 当日の様子などは、まちなかステージ応援団ホームページで紹介しています。 

まちなかステージ応援団ホームページ

ワークショップなどの内容をまとめたニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.12(PDF:8.3MB)

第11回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ11風景

 平成27年1月25日(日曜日)の午後1時30分から、高田町1丁目のブンシツ(株式会社青木淳建築計画事務所十日町分室)で第11回ワークショップを開催しました。
 まちなかステージづくりの取り組みが、「まちなかでの活動コンセプト」「施設の設計」を経て、『拠点施設オープン後に向けた自主活動や仲間を増やす』段階に入ることから、今回からは実際の活動の場である中心市街地(まちなか)に会場を移しての開催となっています。
 今回は、取り組みの段階が移ることの共有の意味も含めて、「まちなかステージのふりかえり」「今後の進め方」の説明の後、参加者有志の提案から動き出している3つのプロジェクトの企画について打ち合わせを行ないました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.11(PDF:5.7MB)

第10回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ10風景

 平成26年12月7日(日曜日)の午後1時30分から、十日町市役所大会議室で第10回ワークショップを開催しました。
 今回は、株式会社青木淳建築計画事務所から基本計画として提案された、市民活動センター・まちなか公民館駐車場の屋上テラス案の変更経緯の他、施設設計における変更点の説明を行ないました。
 その後、最大の課題となっている「まちなかステージをもっと知ってもらうには!」というテーマについて、解決のためのアイディア出しなどを行ないました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.10(PDF:4.9MB)

第9回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ9風景

 平成26年11月8日(土曜日)の午後1時30分から、十日町市役所大会議室で第9回ワークショップを開催しました。
 今回は、十日町市中心市街地活性化基本計画に登載された事業や、カタチ部・シクミ部の進捗状況を共有しました。
 その他、今年度のワークショップでは、整備される二つの施設に共通する「マーケット広場」で行なうプログラムを検討していくことなどが紹介され、「マーケット広場(仮)で活動してみよう!」をテーマにワークショップを行ないました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.9(PDF:4.2MB)

第8回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ8風景

 平成26年9月28日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第8回ワークショップを開催し、40人の皆さんが集まりました。
 今回は「まちなかステージづくり感謝祭」と位置付け、設計者である株式会社青木淳建築計画事務所から施設設計の基本計画案が披露されました。
 その後、株式会社青木淳建築計画事務所の青木淳さん、コミュニティデザインの分野で活躍し「まちなかステージづくり」にも関わっていただいている山崎亮さん、そして、市民有志で構成されたEn+Design(えんでざいん)のメンバーによるディスカッションを通じて、施設設計についての感想や意見を共有しました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.8(PDF:8.4MB)

第7回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ7風景

 平成26年8月23日(土曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第7回ワークショップを開催し、28人の皆さんが集まりました。
 今回は施設の模型が初登場し、「模型を見ながら活動空間を組み立ててみよう」というテーマで機能や使い方の配置についてグループごとに話し合い、発表することでそれぞれのアイディアを共有しました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.7(PDF:7.2MB)

第6回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ6風景

 平成26年7月20日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第6回ワークショップを開催し、34人の皆さんが集まりました。
 今回は、(仮)十日町市市民文化ホール・中央公民館の基本設計の進捗についての説明や、市民活動センター等の設計を行なう青木淳建築計画事務所からこれまでの実績や自己紹介が行なわれました。
 その後、今年度のワークショップの進め方について説明したうえで、「2年後の生活をイメージしてみよう!」というテーマで施設の使い方との関係を話し合いました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.6(PDF:4.3MB)

第5回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ5風景

 平成26年6月22日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第5回ワークショップを開催し、32人の皆さんが集まりました。
 今回は、「まちなかステージづくり」の目的の他、市民活動センター等の実施設計者選定のためのプロポーザルを経て施設の設計者が決まり、いよいよ参加者の皆さんの思いやアイディアを施設の設計やデザインに反映させる作業が始まることから、施設の設計や運営について集中的に議論する体制として部会制で進めていく予定であることについて事務局から説明しました。
 その後、「整備される施設でできること」をテーマに、具体的な場所や要素をまとめる作業を行ないました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.5(PDF:3.1MB)

第4回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ4風景

 平成26年6月1日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第4回ワークショップを開催し、34人の皆さんが集まりました。
 今回は、市民活動センター等の実施設計者選定のためのプロポーザル第1次審査を通過した6者も参加し、施設の設計に反映させることになる皆さんの意見交換などを見学しました。
 その他、デザイン勉強会(En+Design)メンバーからのコンセプトブックの内容説明や「まちなかでできること、やりたいこと、求められること」をテーマにワークを行ないました。

 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.4(PDF:5.3MB)

【募集継続中】まちなかステージの使い手

 「まちなかステージづくり」では、「まちや拠点施設の機能や使い方・運営主体・運営体制」などについて、使い手である市民・団体の皆さんが主体的にアイディア出しや議論を行なっています。
 引き続き、まちなかステージを主体的に使いこなすメンバーを募集しています。

定員

20人程度(目安)

応募資格

 なし(「まちなか(中心市街地)から十日町市全体の元気につながる活動をしたい!!」という気持ちや興味をお持ちの方)

応募方法

 募集チラシをダウンロードして必要事項を記入のうえ、メール又はFaxにてお申し込みください。

募集チラシ(PDF:983.1KB)

締切

なし(定員に達するまで随時受付)

十日町市まちなかコンセプトブック

(写真)十日町市まちなかコンセプトブック

 平成25年度のワークショップなどで出されたアイディアや意見を整理してまとめた「十日町市まちなかコンセプトブック」が完成しました!!
 これは、まちなか(中心市街地)から十日町市を元気にしていく活動の指針(コンセプト・イメージ)を示したもので、平成26年度に実施する拠点施設の実施設計にも反映されます。

十日町市まちなかコンセプトブック(PDF:9.3MB)

容量が大きいのでご注意ください。

第4回勉強会開催

 平成26年3月13日(木曜日)の午後7時から、第4回デザイン勉強会を開催しました。
 今回は、これまでのワークショップで出された「やってみたいこと・必要なこと」などを整理してまとめた「コンセプトブック」の内容について、意見出しや修正作業を行ないました。
 この「コンセプトブック」は、今後の「まちなかステージづくり」の活動指針となるほか、平成26年度に行なわれる「市民活動センター・まちなか公民館」及び「市民交流センター」の実施設計にも反映されます。

 当日の内容は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりデザイン勉強会】ニュースレターvol.4(PDF:2.1MB)

デザイン勉強会とは・・・

 参加者の皆さんからアイディアや意見を引き出す・議論をまとめるなど、ワークショップを進行するまとめ役を担います。
 平成25年11月7日(木曜日)に開催したキックオフ集会をきっかけに構成されました。
住んでいる地域や職業もさまざまな皆さんが参加しています。

デザイン勉強会の名称「En+Design」

現在は、発展的に解散しています。
メンバーそれぞれが提案し、意見交換と投票を経て名称が決定しました。
名称には次の意味が込められています。

  • 「En」・・・人と人が交わる縁側・宴・円などの意味
  • 「+」・・・十日町市の「十」、人と人の交わり「+(クロス)」、増える「+(プラス)」などの意味
  • 「Design」・・・自分たちのまちを自分たちで楽しくデザインしていくという意味 

第3回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ3風景

 平成26年3月2日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第3回ワークショップを開催し、37人の皆さんが集まりました。
 今年度最後となる今回は、今後の活動の指針となる「コンセプトブック(案)」の概要紹介の後、「まちなかで活動するために大事なこと、必要なこと」をテーマに、8つのテーマに分かれたテーブルを参加者が移動して意見交換する「ワールドカフェ方式」というワークショップを行ないました。

 これまでに話し合われた内容をデザイン勉強会メンバーと事務局がまとめ、コンセプトブックや来年度予定している施設の実施設計者選定のためのプロポーザル実施要綱に反映します。
 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.3(PDF:12MB)

第3回勉強会開催

(写真)勉強会3風景

 平成26年2月20日(木曜日)の午後7時から、第2回デザイン勉強会を開催しました。
 今回は、「公共空間のデザイン」について事例紹介を含めて学んだほか、メンバーがそれぞれ事前に調べてきた「自分の好きな公共空間」を発表した後、「まちなかで大事にしたいもの・足りないもの」をテーマにワークショップを行ないました。
 話し合った内容を基に、今年度最後となる第3回ワークショップでは今後の活動の指針となる「コンセプトブック(案)」の確認作業などを予定しています。

 当日の内容は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりデザイン勉強会】ニュースレターvol.3(PDF:2.7MB)

デザイン勉強会とは・・・

 参加者の皆さんからアイディアや意見を引き出す・議論をまとめるなど、ワークショップを進行するまとめ役を担います。
 平成25年11月7日(木曜日)に開催したキックオフ集会をきっかけに構成されました。
住んでいる地域や職業もさまざまな皆さんが参加しています。

第2回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ2風景

 平成26年1月26日(日曜日)の午後1時30分から十日町市役所大会議室で第2回ワークショップを開催し、住んでいる地域や活動・年齢もさまざまな皆さん55人が集まりました。
 今回は、「まちなかステージづくり」で目指すものについて市の中心市街地活性化推進室から説明した後、第1回ワークショップのふり返りを踏まえたうえで「まちなかでやってみたい活動」を抽出し、グループごとにアイディアを整理して「楽しい活動」を発表するワークショップを行ないました。

 今回話し合われた内容をデザイン勉強会メンバーと事務局がまとめ、第3回ワークショップに反映します。
 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.2(PDF:964.3KB)

第2回デザイン勉強会開催

(写真)勉強会2風景

 平成26年1月16日(木曜日)の午後7時から、第2回デザイン勉強会を開催しました。
 当日は、これからの時代に求められる「市民がつくるまちなかのデザイン」について事例紹介を含めて学んだほか、アイディアを組み合わせて「楽しい活動をつくる」ワークショップの実践などを行ない、1月26日(日曜日)の第2回ワークショップに備えています。

 当日の内容は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。
 

【まちなかステージづくりデザイン勉強会】ニュースレターvol.2(PDF:4.4MB)

デザイン勉強会とは・・・

 参加者の皆さんからアイディアや意見を引き出す・議論をまとめるなど、ワークショップを進行するまとめ役を担います。
 平成25年11月7日(木曜日)に開催したキックオフ集会をきっかけに構成されました。
住んでいる地域や職業もさまざまな皆さんが参加しています。

第1回ワークショップ開催

(写真)ワークショップ1風景

 平成25年12月15日(日曜日)の午後1時30分から、十日町市役所大会議室で第1回ワークショップを開催しました。
 事前に申し込みいただいた、住んでいる地域や活動・年齢もさまざまな皆さん約60人が集まり「まちなかの魅力と課題」「まちなかの将来像」をテーマにアイディアや意見を出し合いました。

 今回話し合われた内容をデザイン勉強会メンバーと事務局がまとめ、第2回ワークショップに反映します。
 当日の様子や出されたアイディア・意見は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりワークショップ】ニュースレターvol.1(PDF:13.9MB)

第1回デザイン勉強会開催

(写真)勉強会1風景

 平成25年12月5日(木曜日)の午後7時から、住んでいる地域や活動・趣味・仕事など、さまざまや形でまちなかを利用する皆さんによるワークショップを運営する「デザイン勉強会」メンバーの第1回勉強会を開催しました。
 このプロジェクトをきっかけに初めて挑戦するメンバーも多いですが、ワークショップの基本ルールやまとめ方・ファシリテーターと呼ばれる進行役の役割などについて学び、12月15日(日曜日)から始まるワークショップに備えています。

 当日の内容は、各回終了後に発行するニュースレターでお知らせしていきます。

【まちなかステージづくりデザイン勉強会】ニュースレターvol.1(PDF:1.6MB)

デザイン勉強会とは・・・

 参加者の皆さんからアイディアや意見を引き出す・議論をまとめるなど、ワークショップを進行するまとめ役を担います。
 平成25年11月7日(木曜日)に開催したキックオフ集会をきっかけに構成されました。
住んでいる地域や職業もさまざまな皆さんが参加しています。

フェイスブックページの紹介

(イラスト)元気プロジェクトロゴ

 公式フェイスブックページ「十日町なか元気プロジェクト」(外部リンク)でも、まちなかのにぎわいに関する情報を発信しています。

公式フェイスブックページ「十日町なか元気プロジェクト」(外部リンク)

まちなかステージ以外の情報も掲載。ぜひ「いいね!」をお願いします!!

この記事に関するお問い合わせ先
建設部 都市計画課 中心市街地活性化推進係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-3691
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。