更新日:令和2年1月16日

十日町人十色

十日町市のまちづくりは、市民一人一人の思いが形になったもの。市民の力が十日町市のまちづくり・地域づくりの力であり、十日町市の未来を創ります。

このページでは市民一人一人をピックアップして紹介します。

十日町人十色(市民紹介コーナー)

 

Volume47 アマンダ・マーブルさん

 アマンダさんは米国のアイオワ州から、CIR(国際交流員)として十日町市にやって来ました。国際交流員はどんな仕事をしているか、知っていますか。通訳や翻訳はもちろん、文化交流の促進、観光客のおもてなしなど業務は多岐に渡ります。ときには各国の外交官との窓口役としても活躍しています。その中でも、週に一度の英語教室と隔月で開催している英会話料理教室、年2回のチャリティーバスケットボール大会を主催することは特に大きな業務となっています。

 Amanda Marble is an American CIR from the state of Iowa. What is a CIR, exactly? The acronym means “Coordinator for International Relations,” and comes with a lot of various duties. Translation and interpretation are the most common aspects of her work, but she also serves as a cultural liaison for diplomats and other visitors to our city. Her biggest projects include a weekly English conversation class, a bimonthly cooking class, and a semi-annual charity basketball tournament.

アマンダさんの故郷アイオワ市の冬の様子

留意事項左の写真はアマンダさんの故郷、アイオワ州アイオワ市の冬の風景

十日町市について感じたこと-Thoughts on Tokamachi

 アイオワ州は寒くて雪がたくさん降るので雪の大変さは知っていましたが、十日町市に派遣されることになった当初は不安でした。冬のアイオワはマイナス15度から20度くらいまで気温が下がります。十日町市はアイオワより積雪量が多いですが、アイオワよりはるかに暖かいので雪は特に苦にならず、むしろ楽しみです(なんとアイオワでは冬にスノータイヤを使用しないのです!安全なのになぜでしょう!?)。アイオワが十日町市と似ている部分は、田舎で農業が盛んなことです。また、“アイオワナイス”という言葉があるほど、アイオワの人たちはとても親しみやすく親切な人が多いです。私も十日町市に温かく迎え入れていただき、 “十日町ナイス”と言いたいです。

 I come from an area that is cold with a lot of snow, and when I found out I would be in Tokamachi I was apprehensive at first. Tokamachi gets more snow than Iowa, but it is much warmer in Tokamachi so the snow ended up being more enjoyable and less of a hassle like in Iowa, where winter temperatures average -15C to -20C. (Also, nobody drives with snow tires in Iowa! Why not!?!?! They are awesome!) However, there are good parts of Iowa I see also in Tokamachi. Iowa is well-known for its farming and is considered rural like Tokamachi. Iowans are also known for being very hospitable and friendly so much that there is a term for it – “Iowa nice.” I see a lot of this in Tokamachi as I have been welcomed here with open arms. I think it is “Tokamachi nice!”.

アマンダ・マーブルさん

言語習得のカギ-Tips for Language Learning

 私は日本のアニメを観て育ちました。その後は日本の音楽を毎日聴くようになり、日本のドラマもよく観るようになりました。日々、日本語を見聞きし、発音をまねすることで自然な日本語がわかるようになりました。私は中学から大学までの青春時代のすべてを、日本のポップカルチャーに費やしました。そしてそこから多くを学びました。言語を習得しようとする皆さんには、その国のポップカルチャーに浸り、注意深く見たり聞いたりすることをおすすめします。

 I grew up watching Japanese anime, which eventually transformed into listening to Japanese music every day and later watching Japanese dramas on a daily basis. I was able to listen to natural ways of speaking and mimic the pronunciation of words and sentences I heard. My entire adolescence from middle school through college was Japanese pop culture, so I absorbed a lot of knowledge! I recommend anybody studying a language to immerse yourself in that country’s pop culture and closely pay attention to what you hear and see.

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら