更新日:令和2年11月10日

十日町人十色

十日町市のまちづくりは、市民一人一人の思いが形になったもの。市民の力が十日町市のまちづくり・地域づくりの力であり、十日町市の未来を創ります。

このページでは市報から市民一人一人をピックアップして紹介します。

十日町人十色(市民紹介コーナー)

 

Volume56 水品直子さん

市内でさまざまな農産物を生産している水品さん。生産している地物野菜は、市内学校給食にも使われています。農業のこと、また学校給食を食べる子どもたちや消費者に向けての思いなどを、話してもらいました。

注釈下写真:「やわ肌ねぎ」収穫の様子

やわ肌ねぎを収穫する水品さん

農業は私にとっての天職

 自分たちが食べるものでもありますので、安全・安心を第一に、できるだけ農薬は使わないようにして農産物を生産しています。この自然の中で、自分でできる限り続けていける農業は、私にとって天職だと思います。

旬を味わい、季節を感じてほしい

 消費者の方から、「おいしかったよ」と声をかけられることがあります。そんなときは、農家冥利に尽きると感じますね。

 今はスーパーに行けば一年中さまざまな野菜が揃い、食べることができます。ですが、野菜には一番おいしくなる旬があります。ぜひその旬を知って、季節の移ろいも感じてほしいです。

関連リンク

水品さんが生産する野菜も使われている、学校給食での地産地消の取り組みについては、市報11月10日号で特集しています(2~5ページ)。ぜひ、ご覧ください。

市報とおかまち令和2年11月10日号(PDF:4.9MB)

市報とおかまち

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。