公務レポート 平成26年5月

更新日:平成28年2月15日

松苧神社七つ詣り(松代) 平成26年5月8日(木曜日)

 松代地域犬伏の松苧神社に行ってきました。
 松苧神社は、807年(大同2年)に坂上田村麻呂が奥州征伐の際に創建したとされ、現本殿は1497年建立の県内最古の茅葺屋根木造建築物で国の重要文化財に指定されています。
 この日は、松苧神社の祭礼の日で、伝統行事「七つ詣り」が行われる日でした。
 七つ詣りは、古来から行われているもので数え年7歳の男児の成長を祝う伝統行事です。五月晴れの朝、木漏れ日が差し込む山道を、山頂を目指して登りました。
 最初は、順調に登り始めたものの、急登坂の連続に息が上ってきます。4年前にも参拝したことがありましたが、これほどの急斜面だったかと改めて思いしらされました。頂上近くに、最後の急斜面が待っており、鎖に手をかけ一気に登りました。
 お宮のある山頂に到着すると多くのご家族が集って祝宴をあげて盛り上がっていました。境内は登り終わった子供たちの遊ぶ声でにぎわっていました。
 私は、この光景を見て、家族はもちろん地域としての子供たちへの強い愛情、そして地域に子どもの声が響き渡ることの大切さを感じました。
 境内で一息ついて、一段落したのちに下り坂を降り始めて、すぐに、登ってくる若い家族連れとすれ違いました。聞いてみましたら地元のご出身で、現在は十日町市街地にお住まいなのですが、今日の伝統行事に参加されたとのことでした。
 さらに中程まで下ったところで、顔見知りの渡辺正幸さんのご家族に出会いました。渡辺さんは、都会では求められない新しい暮らしを目指し東京の大田区から地元の田野倉集落に移住された方です。
 現在は農業研修を受けながら、この地で理想の暮らしを実践するべく頑張っています。今日は長男の正空(まさや)くんの七つ詣りで、初めて伝統行事に参加されたとのことです。
 古くから脈々と続く地域の伝統行事は、地域コミュニティを支える無形の財産です。
 市としては、このような伝統行事に敬意を表し、これからも地域の振興を支援していきたいと考えています。

松苧神社までの急登坂、皆さんと記念撮影

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 秘書係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3111
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら