定例記者会見(令和元年10月7日)

更新日:令和元年10月7日

1.笹山遺跡出土品国宝指定20周年記念シンポジウム「縄文の国宝」を開催します

参考

笹山遺跡出土品国宝指定20周年記念シンポジウム「縄文の国宝」を開催します(PDF:1.7MB)

 「国民文化祭・にいがた2019」、「全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の当市主催事業として、11月9日(土曜日)午後1時から越後妻有文化ホール「段十ろう」で、笹山遺跡出土品国宝指定20周年記念シンポジウム「縄文の国宝」を開催します。

 シンポジウムは2部構成となっており、第1部は、事例報告「縄文国宝の活用とまちづくり」と題し、縄文時代の国宝が出土している各自治体担当者が集まり、国宝に関連したイベントやグッズなどの活用事例を紹介します。第2部のスペシャルトークでは、縄文文化に造詣の深い料理研究家の土井善晴さんと、土偶女子として知られる文筆家の譽田亜紀子(こんだあきこ)さんを講師に迎え、土井さんからは「縄文と和食」、譽田さんからは「国宝土偶の楽しい見方、お伝えします」と題した講演を行っていただきます。また、同時開催の「縄文の国宝」ポスターセッションでは、国宝の写真パネルや、関連ポスター、チラシ、パンフレットなどを展示し、日本各地の縄文文化を紹介します。

 参加は無料ですが、定員が300人程度となるため事前の申込みが必要です。多くの皆さんから参加していただき、「最古の国宝」の世界に触れてみてください。

2.第52回十日町市美術展を開催します

参考

第52回十日町市美術展を開催します(PDF:383KB)

 10月24日(木曜日)から27日(日曜日)まで、越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館「段十ろう」で、第52回十日町市美術展を開催します。入場は無料です。

 今年は、県内外から4人の皆さんに審査員をお願いし、26日(土曜日)午前9時30分から表彰式を行います。このほか作品指導会なども予定していて、審査員の皆さんによる作品指導や解説を聞くことができます。

 毎年、市内や近隣市町村から250点以上の作品が出品されます。芸術の秋、力作ぞろいの美術展を鑑賞しませんか。多くの皆さんからの来場をお待ちしています。

3.国指定重要文化財「星名家住宅」を特別公開します

参考

国指定重要文化財「星名家住宅」を特別公開します(PDF:119.3KB)

 11月2日(土曜日)午前10時30分からと、午後1時30分からの2回に分けて、国指定重要文化財「星名家住宅」の内部特別公開を行います。星名家住宅は、広い敷地と多くの建物を有し、江戸時代以来の有力な商家・大地主層の住宅遺構としての価値が認められ、平成3年に国の重要文化財に指定されました。

 今回の公開は、「文化財保護強調週間」に合わせて行うもので、文化財に関する理解と関心を深め、文化財を地域の貴重な財産として保護する気運を醸成することを目的としていて、昨年に続き2回目の開催となります。見学は事前申込制とし、文化財課担当者が説明を行いながら、参加者全体で行動する団体見学となります。個々の自由見学ではありませんので、ご注意ください。詳細については、参加決定者に別途お知らせします。

4.ひだまりプール15周年記念 水中体操体験教室を開催します

参考

ひだまりプール15周年記念 水中体操体験教室を開催します(PDF:398.8KB)

 健康増進施設「ひだまりプール」では、開館15周年記念として“冬こそプールで健康づくり”を合言葉に、主に中高年の皆さんを対象とした水中体操体験教室を開催します。農閑期となる冬は運動不足になりがちですが、ひだまりプールでは冬も住民の健康増進・介護予防を目的に、さまざまな教室を開催しています。1年中、室温32度・水温30度に保たれているので、冬でも快適に体を動かすことができ、これからの季節、運動不足の解消や健康寿命を延ばすためにも水中体操をおすすめします。

 今回は、受講料無料の体験教室を2コース用意しました。Aコースは、「誰でも1回体験教室」として10月15日(火曜日)から11月30日(土曜日)の期間、誰でも1回受講料無料(入館料600円のみ必要)で体験することができます。Bコースは、「全12回体験教室」として11月13日(水曜日)から来年2月12日までの全12回の内容が、通常は受講料・入館料で17,100円のところ、入館料7,200円のみで体験することができます。

 通常よりお得に体験ができます。これをきっかけに、ぜひ健康づくりに取り組みませんか。

5.日本銀行佐久田新潟支店長の観光講演会を開催します

参考

日本銀行佐久田新潟支店長の観光講演会を開催します(PDF:165.5KB)

 10月9日(水曜日)、クロステンで「観光講演会」を開催します。講師に当市の観光大使を務めていただいている、日本銀行佐久田健司新潟支店長を迎え、昨今激増している外国人観光客について、「インバウンドの現状」と題して話があります。

 佐久田さんは今年6月に、日本銀行新潟支店長として赴任されました。当市の観光大使をお願いしたところ快く引き受けていただき、また「十日町市で講演会をさせていただきたい」というお申し出をいただき、今回の講演会開催に至りました。

 なお、本講演会は、観光協会・商工会議所を中心とした市内の観光に携わる皆さんを対象としていて、一般の人は聴講できません。ご了承ください。

6.「第14回なかさと食の文化祭」を開催します

参考

「第14回なかさと食の文化祭」を開催します(PDF:762.7KB)

 10月27日(日曜日)、中里ショッピングセンターユーモール2階で、「第14回なかさと食の文化祭」を開催します。地域のお母さんたちが手作り料理を持ち寄り、交流を深めるこのイベントは、平成17年度からはじまり今年で14回目となりました。

 本イベントには、毎回50人を超える皆さんから100品近くの家庭料理が持ち寄られます。今回は、“秋の食材”をふんだんに使った料理や、わが家のお弁当・キャラ弁のコーナー、大好評のちまき作り体験コーナー、野菜や手作りパンの販売コーナーなど、子供から大人まで楽しめる内容となっています。入場は無料ですが、試食を希望する人からは、500円程度の協力金をお願いしています(中学生以下無料)。

 出品料理は後日、「なかさと郷土の味」として記録集にまとめられ、一般販売される予定です。地元の料理を味わい、食について学び・語らう場として、多くの皆さんの来場をお待ちしています。

7.第4回世界イタリア料理週間「イタリアンフェア in 十日町」を開催します

参考

第4回世界イタリア料理週間「イタリアンフェア in 十日町」を開催します(PDF:2.2MB)

 10月26日(土曜日)から11月24日(日曜日)までの期間、「イタリアンフェアin十日町」として、イタリア料理をテーマにした食のイベントを開催します。この催しは駐日イタリア大使館が主催する「第4回世界イタリア料理週間」に、市内の12店舗が参加するもので、今回で3回目となります。

 イベント期間中は、参加店で期間限定のイタリア伝統料理やワインが提供されるほか、食前に軽食やスパークリングワインを楽しむ、イタリア特有の習慣である“アペリティーボ”を各提供店舗で楽しむことができます。11月2日(土曜日)にはキナーレでオープンカフェ風の雰囲気でイタリア料理を楽しめる、1日限定の特別イベント「タボラータ」も開催します。

 また、今回は姉妹都市であるコモ市から特別にシェフを招き、「タボラータ」にてコモの郷土料理を市民の皆さんに提供するほか、越後妻有文化ホール「段十ろう」で一般市民向けのイタリア料理教室を開催する予定です。

 市民の皆さんからは、この機会に姉妹都市コモ市の伝統料理やイタリア料理を堪能していただきたいと思います。

8.東京2020オリンピック男子マラソン代表に内定した服部勇馬選手が凱旋します

参考

東京2020オリンピック男子マラソン代表に内定した服部勇馬選手が凱旋します(PDF:108.9KB)

 10月17日(木曜日)、東京2020オリンピックの男子マラソン代表に内定した服部勇馬選手が、故郷である当市へ凱旋します。午後4時20分に市役所へ表敬訪問をしていただいたあと、午後5時からは越後妻有文化ホール「段十ろう」において、市民の皆さんに凱旋報告を行います。なお、当日は服部選手とともに、所属チームであるトヨタ自動車株式会社陸上長距離部の佐藤敏信監督も来市予定です。

 服部選手にオリンピック本番で最高のパフォーマンスを発揮していただけるよう、故郷・十日町市から応援をしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。