定例記者会見(令和2年8月17日)

更新日:令和2年8月17日

1.特別定額給付金の給付実績について

参考

特別定額給付金の給付実績について(PDF:91.8KB)

 1人10万円の「特別定額給付金」の給付実績についてお知らせします。

 マイナンバーカードによるオンライン申請は、申請受付を5月1日から開始し、26世帯に即日振り込みしました。県内では最速でした。郵送による申請は、5月7日に発送し、5月8日から受付を開始しました。そして8月7日に受付を終了し、対象となる19,720世帯、51,595人に対して、99.98%の19,716世帯51,590人に給付などの対応をしました(下表参照)。

給付実績の内訳
対応区分 世帯 人数 給付額
給付 オンライン 366世帯 1,129人 1億1,290万円
郵送 19,324世帯 50,429人 50億4,290万円
給付辞退 16世帯 22人
給付停止(申請前に亡くなった単身世帯) 10世帯 10人
未申請 4世帯 5人
総計 19,720世帯 51,595人 51億5,580万円

 この間、市民の皆さんが確実に申請できるよう、あんしんメール・市報・市ホームページ・防災行政無線などで呼びかけを行ったほか、高齢者福祉施設や民生委員の方にも協力をいただき、自身で申請が困難な人への介助など対応を行っていただきました。また、申請が遅れていた世帯には、再度、再々度の案内を送ったほか、世帯訪問を行ってその場で申請書を提出いただいた世帯もありました。

 申請から給付にあたっては、受付から10日以内の振込を目標として取り組み、市民の皆さんからは「申請から振込まで早くてありがたい」という感想をいただきました。この特別定額給付金が、コロナ禍と戦う十日町市民のパワーの源となることを願っています。

2.令和2年度十日町市成人式を延期します

参考

令和2年度十日町市成人式を延期します(PDF:84.6KB)

 9月20日(日曜日)に開催を予定していた、「令和2年度十日町市成人式」を再度延期します。

 現状では新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大の収束が見込めないなか、新成人をはじめ、市民の皆さんの命と健康を守ることが第一と考え、再度の延期を決定しました。今後、新成人や医療、織物、理容美容、飲食店など関係者の皆さんから意見を伺い、開催方法や内容についても慎重に検討を行ったうえで、新しい生活様式に即した、「withコロナ」の中で行う新たな成人式のあり方を検討していきます。

3.防災行政無線屋外スピーカーの放送を開始します

参考

防災行政無線屋外スピーカーの放送を開始します(PDF:769KB)

 整備を進めている、防災行政無線の屋外スピーカーの調整整備が完了しましたので、本日8月17日(月曜日)昼の12時から放送を開始しました。

 防災行政無線の整備は、平成30年度から3か年計画で工事を実施し、電波を発信する親局や中継局などの整備や市内全域の85か所の屋外スピーカーの設置が完了しています。この屋外スピーカーの整備で、緊急時には避難情報や緊急地震速報などの災害情報を放送することができるようになりました。また、地域や地区単位での放送が可能で、例えば豪雨の地域だけに災害情報を伝達することができます。

 屋外スピーカーは、すでに放送を開始している地域もありますが、新たに開始する地域は、十日町地域の市街地を含む13か所となります。定時放送は、機器に異常がないかを確認するために行う音楽放送で、放送時刻や曲名は地域によって異なりますが、毎日決まった時刻に放送します。また現在、各世帯への戸別受信機の設置などを進めていて、全ての工事完了は令和3年3月、総事業費は約13億4百万円を予定しています。

 放送に際し、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

4.新館オープン記念秋季特別展を開催します

参考

新館オープン記念秋季特別展を開催します(PDF:147.3KB)

 十日町市博物館では新館オープンを記念して、9月26日(土曜日)から11月8日(日曜日)まで、秋季特別展「縄文の遺産~雪降る縄文と星降る縄文の競演~」を開催します。

 新潟県と長野・山梨県では、それぞれ縄文をテーマとした日本遺産ストーリー「なんだ、これは!信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」と、「星降る中部高地の縄文世界」が認定を受けています。今回の特別展では、縄文の国宝第1号である長野県茅野市所蔵の国宝「縄文のビーナス」(土偶)と、第2号である当市所蔵の国宝「火焔型土器」が競演します。国宝「縄文のビーナス」は、新潟県内では初公開となります。このほか、重要文化財に指定されている山梨県内出土の土器も展示されます。

 詳細については、改めてお知らせします。

5.足踏み式消毒液スタンドの商品化と寄贈について

参考

足踏み式消毒液スタンドの商品化と寄贈について(PDF:680.3KB)

 このたび、宮本警報器株式会社十日町工場から「足踏み式消毒液スタンド」を寄贈いただきました。

 同社は、コロナ禍でも「地域雇用に貢献し、地域社会と共に発展を目指す」という経営ビジョンのもと、消毒用ポンプに触れることなく消毒ができる、消毒液スタンドの開発にチャレンジし、見事、商品化に成功されました。寄贈された消毒液スタンドは、既に本庁舎や各支所の正面入口で使用していますが、今後は診療所や医療福祉総合センターなどにも設置する予定です。

 なお、8月19日(水曜日)午後3時から、本庁舎2階応接室で贈呈式を行います。

6.十日町市オンライン婚活「おうちde婚活」を開催します

参考

十日町市オンライン婚活「おうちde婚活」を開催します(PDF:378.6KB)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大人数で集まる形式や会食をする形式での婚活イベントの実施が難しい状況です。そんななかですが、結婚を希望する皆さんのために、ビデオ通話アプリ「Zoom()」を利用した、十日町市オンライン婚活「おうちde()婚活」を開催します。

 市主催の婚活イベントとしては、初めてオンラインでの開催です。婚活支援経験が豊富なプロの講師が進行するため、オンラインでの婚活イベントが初めての人も、安心して参加することができます。

 開催日時は9月27日(日曜日)午後1時30分から、参加対象は25歳から39歳の独身で、男性は市内在住者、女性は新潟県内在住者とし、参加費は1人1,500円です。9月9日(水曜日)まで参加申込を受付けていますので、多くの皆さんからの応募をお待ちしています。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。