定例記者会見(令和2年11月2日)

更新日:令和2年11月2日

1.元気出そう十日町!プレミアム商品券を発行します

参考

元気出そう十日町!プレミアム商品券を発行します(PDF:120.1KB)

 11月30日(月曜日)から、30パーセントのプレミアムが付いた「元気出そう十日町!プレミアム商品券」の販売を行います。新型コロナウイルス感染症の経済対策として、市民の消費活動を進め、市内小売やサービス業などの元気を取り戻すため、6月に続き、2回目の実施となります。

 今回の販売価格は1冊5千円、販売冊数は6万冊となっており、発行総額は3億9千万円となります。一般店のみで使用できる「一般店専用券」と、加盟店全てで使用できる「一般店・大型店共通券」がセットとなっています。商品券の販売所や加盟店などの詳しい情報は、市報11月25日号に折り込むリーフレットでお知らせします。また、この商品券の販売に合わせて、市内の商工団体によるさまざまな催事も予定されていますので、商品券を利用して地元店での買物をお楽しみ下さい。

2.「十日町縄文ツアーズ」モニターツアーを開催します

参考

「十日町縄文ツアーズ」モニターツアーを開催します(PDF:678.3KB)

 11月4日(水曜日)午後1時から、十日町市博物館や笹山遺跡などを会場にして「十日町縄文ツアーズ」のモニターツアーを開催します。

 これは平成31年度に文化庁補助事業「Living() History() 促進事業」を受けて準備してきた歴史体験観光プログラムで、当市の縄文文化を体感して、楽しみながら学ぶことのできる内容となっています。縄文人になりきり、縄文時代の復元衣服を着て、野山で採集と疑似狩猟を行い、博物館では学芸員からレクチャーを受け、さらには実際の土器などがまだ地中に埋まっている笹山遺跡の野外レストランで、縄文時代にこの地域で食べられていた食材を使った、フルコース・ディナーを味わっていただきます。

 このツアーのために作った縄文時代の道具は、大学教授など学識経験者による時代考証を受けた本格的なものです。ディナーの料理レシピも、京都「菊乃井」の料理家の()()佐子()先生と、奈良文化財研究所の国際遺跡研究室長の庄田()慎矢()先生から監修していただきました。

3.「Oh! むかしマルシェ」を開催します

参考

「Oh! むかしマルシェ」を開催します(PDF:2.3MB)

 11月15日(日曜日)午前10時から、笹山遺跡広場および笹山縄文館で、「Oh()!むかしマルシェ」を開催します。国宝出土地・笹山遺跡に多くの人が集い、賑わいを創出することを目的に開催しており、2回目となる今年は、オーガニック・クラフト系店舗を中心とした36店舗が参加して行われます。

 会場では、縄文時代からあるものが実は身近にあるということを感じてもらうため、来場者にポイントカードを配布し、縄文らしい商品を購入するとポイントが付く催しを行います。10ポイント集めた人には、先着で景品がプレゼントされ、また来場した子どもたちには、風船のプレゼントも用意しています。同日は、会場内にある縄文館3階で笹山遺跡の土器も見学できますので、多くの皆さんの来場をお待ちしています。

4.「まちなか×GAKUENSAI 2020」を開催します

参考

「まちなか×GAKUENSAI 2020」を開催します(PDF:3.7MB)

 11月8日(日曜日)、協働のまちづくり事業の一環で、中心市街地の6施設と高校生が協力して開催する、学園祭「まちなか GAKUENSAI() 2020()」を開催します。昨年度も使用した6施設を会場に、展示・パフォーマンス・販売・体験活動などを行いますが、今年度は市内の高校に加え、新たに県立津南中等教育学校も参画します。

 感染症予防対策として、会場入口での検温、マスクの着用、手指()消毒を徹底するとともに、会場内が密にならないように努めます。この催しを通じ、高校生と市民活動団体、さらにはまちなか全体の連携を生むとともに、高校生の自主性・社会性・地域への愛着を育み、将来の定住・Uターン・まちづくりの担い手育成につなげたいと考えています。

5.コモ市との姉妹都市提携45周年事業について

参考

コモ市との姉妹都市提携45周年事業について(PDF:2.9MB)

 今年は、イタリア共和国・コモ市との姉妹都市提携45周年の節目の年ですが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行で、コモ市との合意のもと予定されていた両市での記念式典は中止しました。このような状況ですが、節目を記念するとともに、コモ市との関係をさらに深めていくため、次の事業を実施します。

 1つは、記念品と動画の寄贈です。コモ市とは毎年さまざまな文化交流を行っており、今年度はコモの学生の皆さんと協働し、22着の「ゆかた」を制作しました。このゆかたのお披露目のために、市内の女性たちをモデルに撮影したプロモーション動画に、私のメッセージを加え、コモ市へ寄贈します。「ゆかた」は、今月11月28日(土曜日)から12月1日(火曜日)まで、東京港区の産業貿易センター浜松町館で開催される、きもの展示商談会に展示しますので、その後にコモ市へお届けする予定です。

 もう1つは、「イタリアンフェアin十日町」の開催です。駐日イタリア大使館が開催している「世界イタリア料理週間」に、毎年市として参加しているもので、すでに10月24日(土曜日)から開催しています。参加する9店舗では特別メニューとして、コモにちなんだ料理などが提供されています。

 このような形で、現在新型コロナウイルス感染症の猛威で大変な局面を迎えているコモ市を、少しでも元気づけたいと考えています。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。