定例記者会見(平成29年4月26日)

更新日:平成29年4月26日

目次
【市長からの発表事項】

  1. 5月3日のイベント情報について
  2. 花と緑のプロジェクト「キャンバスガーデンコンテスト」の参加者を募集します
  3. 越後妻有文化ホール・中央公民館の愛称が決まりました

1. 5月3日のイベント情報について

参考

5月3日のイベント情報について(PDF:4.5MB)

 ゴールデンウィーク期間中の5月3日、憲法記念日に開催されるイベント情報をお伝えいたします。

 まず、41回目となる「十日町きものまつり」の開催についてです。今回は、きものまつりの見直し提言を踏まえ、十日町がきものの街と言われる由縁を若い世代に伝え、十日町の魅力的な個性であるきものや織物文化を市民の皆さんと共有しつつ、より市外からのお客様に楽しんでいただける「きものまつり」のスタートにしたいと考えています。

 市民交流センター「分じろう」では、手描き友禅の体験や手織りの実演などによりきもの文化に触れるとともに、和室でのお茶席もお楽しみいただきます。そして市民活動センター「十じろう」では、博物館所蔵の「明石ちぢみ」や「マジョリカお召」などを展示し、きものの歴史を感じていただきます。

 好評の「お楽しみ抽選会」は、開始時刻を新成人が参加しやすい午後2時に繰り上げ、新たに新成人限定の景品を加えることにより、たくさんの新成人が参加することを期待しています。

 さらに今回、海外の方にきものを体験いただき、フェイスブックなどのSNSにより、「十日町」や「きもの」についての情報発信をする企画も予定しています。

 きもの一色の一日となる当市へ、大勢のお客様からお越しいただきますようお願い申し上げます。

 次に、平成29年度十日町市成人式についてでございます。

 時間と会場は、午前11時から、クロステン大ホールでの開催となります。

 今年の成人式の対象者は、平成8年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた十日町市出身の方で、542名です。

 主な内容として、十日町市民吹奏楽団の皆さんによる記念演奏、新成人代表者による抱負発表やアトラクションを行います。また、昨年に引き続き、市内の障がい者福祉施設で働いている皆さんから記念品を製作していただき、受付にて新成人へ直接手渡していただきます。

 ぜひ、大勢の皆さまから新成人を祝福していただければと思います。

2.花と緑のプロジェクト「キャンバスガーデンコンテスト」の参加者を募集します

参考

花と緑のプロジェクト「キャンバスガーデンコンテスト」の参加者を募集します(PDF:4.3MB)

 十日町市中心市街地活性化基本計画の目標である「活動する人を増やす」ために、今年も花と緑のプロジェクト「キャンバスガーデンフェスティバル」を開催します。

 これは、市がNPO法人「にぎわい」に業務委託している「コミュニティガーデン等整備事業」の中で実施するものです。

 今回、イベント期間中に行われる「キャンバスガーデンコンテスト」の参加者を募集します。募集する作品は、1枚のラティスを絵画のキャンバスに見立てて、花と緑で自由に飾り付けた作品を6月25日(日曜日)~7月9日(日曜日)の期間に「十日町駅東口公園」並びに「智泉寺観音ひろば」に展示するものです。

 展示した作品は、審査員5名による特別審査を行い、6月25日(日曜日)オープニングイベント「花まるシェ」において表彰式を行います。

 審査委員長にNHK趣味の園芸にご出演されている富山(とみやま)(まさ)(かつ)氏をお迎えし、花と緑の取組みを全国的に発信していきたいと考えています。大勢の参加をお待ちしています。

 イベント期間中は、中心市街地内を回遊してもらう仕掛けとして、本町2丁目広場などに「お花広場」、市民交流センター「分じろう」で「花と緑の展示会」を開催する予定です。

 また、今年度の新たな取組として、年間を通して「まちなかに花を飾る取組」や「花と緑に関する講習会」を企画しています。これら企画の詳細は、市報やチラシ等で後日お知らせします。

 花と緑のプロジェクトでは、楽しいまちにするために、多様な市民団体が連携し、様々な取組が展開されています。是非、大勢の皆様から中心市街地を訪れていただきたいと思います。

3.越後妻有文化ホール・中央公民館の愛称が決まりました

参考

越後妻有文化ホール・中央公民館の愛称が決まりました(PDF:148.6KB)

 正式名称を「越後妻有文化ホール・中央公民館」とし、平成29年11月3日、文化の日のオープンに向け、愛称を募集した結果、市内外から785通の応募がありました。

 3月中に、市民選考員とまちなかステージのコミュニティデザインを担当し、「分じろう・十じろう」の愛称も審査した株式会社studio(スタジオ)-L(エル)代表の山崎(やまざき)(りょう)さんから審査いただき、愛称を決定いたしました。

 越後妻有文化ホール・中央公民館の愛称は、「(だん)(じゅう)ろう」です。

 「段十ろう」の「段」は施設に「だんだんテラス」という階段状になった交流スペースがあることに由来し、「十」は十日町の中心となる施設を表現し、「ろう」はすでに活用されているまちなかステージの「分じろう・十じろう」から2文字を取り、中心市街地の施設間のつながりを持たせました。これら3つの意味を合わせ表現した愛称が「段十ろう」です。

 また、この愛称は市内在住の丸山(まるやま)知里(ちさと)さんと戸田(とだ)(あや)()さんから応募がありました作品「だんだん」を審査段階で補作させていただきました。お二人には賞品として十日町市特産品セットとオープニングイベントのペアチケットを贈呈いたします。

 この施設を文化芸術活動や市民活動の拠点とし、多くの皆さまに親しみを持って利用していただきたいと考えています。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。