定例記者会見(平成29年5月29日)

更新日:平成29年5月29日

目次
【市長からの発表事項】

  1. 第6回十日町市民協働の森づくり植樹祭・風の森フェスティバルの開催について
  2. 十日町市発達支援センター5周年記念講演会の開催について
  3. 「第18回十日町市環境フェア」を開催します
  4. 第18回笹山じょうもん市の開催について
  5. 豪雪と大地の恵み「新潟・十日町フェア」の開催について

1. 第6回十日町市民協働の森づくり植樹祭・風の森フェスティバルの開催について

参考

十日町市民協働の森づくり植樹祭・風の森フェスティバル(PDF:1.4MB)

 山に復元することを目的に、平成24年の10月に第1回の植樹祭を開催し、これまで5回開催してきましたが、今年が最後となります。ブナ・コナラ約800本の植樹を行い、合計で約12,000本の植樹が完了します。

 今後は、植樹から育樹へと活動が移行する一つの区切りとして、十日町市民協働の森づくり実行委員会の主催、十日町市の共催という形で風の森フェスティバルを開催いたします。「風の森」という名称は、平成27年の植樹祭イベント開催時に公募で選ばれた「十日町市民協働の森」の愛称です。

 開催日時は6月4日(日曜日)、午後1時30分から旧市民スキー場において風の森記念碑の除幕と植樹を行い、その後、会場をクロステンに移し、午後3時30分から記念式典を行います。記念式典では、植樹へ協力してくれた各学校への感謝状の贈呈や、新潟大学の紙谷智彦(かみたにともひこ)教授をコーディネーターに「旧市民スキー場での自然林への復元について」パネルディスカッションを行います。

 1部・2部とも参加自由でありますので、大勢の皆様の参加をお待ちしております。

2.十日町市発達支援センター5周年記念講演会の開催について

参考

十日町市発達支援センター5周年記念講演会(PDF:2MB)

 6月24日(土曜日)、午後1時30分よりクロステンにおいて、発達支援センターの5周年記念講演会を開催します。

 当センターは、十日町小学校とふれあいの丘支援学校に併設し、子育てに関する相談や子どもの言葉と心、運動発達を促す支援を行っています。また、保育園やこども園を訪問し、子どもの特性に合わせた指導を助言するほか、教育センターと連携した乳幼児期から学齢期までの一貫した支援体制の構築に取り組んでいます。

 この度、開設5周年を記念し、講師に全国的にも著名な「子どもの発達支援を考えるST(エスティ)の会」代表で、STと称される「言語聴覚士」の中川(なかがわ)信子(のぶこ)さんをお招きし、『子どもの「ことばと心」を豊かに育てる』と題してご講演いただきます。毎日の暮らしの中で、子どもを理解し接していく方法を考えるきっかけとして、多くの方から足をお運びいただきたいと思っています。

3.「第18回十日町市環境フェア」を開催します

参考

第18回十日町市環境フェア(PDF:1.3MB)

 今回で18回目の開催となる「環境フェア」を6月4日(日曜日)に、キナーレで開催いたします。

 このフェアでは、市が目指す「環境にやさしいまちづくり」の一環として、環境関連事業者による出展や消費者協会が行う「不用品販売会」のほか、「電気自動車の展示及び試乗会」、「古着回収」、初開催となる「廃食用油回収」などを予定しています。また、今回も、当市と包括的連携協定を締結している長岡技術科学大学から山岸(やまぎし)(さと)()“助教”を講師に招き、技術開発懇談会を同時開催いたします。バイオマスエネルギーをテーマにした市民向けの講演会です。

 環境フェア及び講演会は、市エコポイント対象事業ですので、参加者には、それぞれ5ポイントずつ、合わせて10ポイントをさし上げますので、ぜひ、多くの市民の皆様からご来場いただきたいと考えております。

 なお、「抽選券付き」のちらしを、市報5月25日号とともに全戸配布いたしました。

4.第18回笹山じょうもん市の開催について

参考

第18回笹山じょうもん市(PDF:1.5MB)

 6月4日(日曜日)、午前9時30分より、笹山遺跡広場において、第18回笹山じょうもん市を開催します。

 このイベントは、笹山遺跡から出土した火焔型土器をはじめとする出土品が平成11年6月7日に国宝に指定されたことを記念して始まったお祭りで、今回で18回目となります。ゲストに元・ミス十日町雪まつりの今井美穂さん、2017年ミス・アース新潟県代表の大塚(おおつか)(しい)()さん、そして、共に縄文の国宝を有することで交流のある茅野市の縄文ふるさと大使でシンガーソングライターである(あし)()(ひろ)()さんをお迎えします。

 縄文の精神文化や、食、技などを五感で体感していただく楽しいイベントです。今回は地元の中条小学校児童が全員参加し、会場を盛り上げる予定です。ぜひ大勢の皆様からご参加いただきたいと思います。

5.豪雪と大地の恵み「新潟・十日町フェア」の開催について

参考

豪雪と大地の恵み「新潟・十日町フェア」(PDF:3MB)

 この度、市と十日町農業協同組合、十日町地域地場産業振興センター・クロステン、十日町市観光協会が連携して、JA東京中央会が今年4月に東京・新宿にオープンさせたJA東京アグリパークにおいて、「豪雪と大地の恵み『新潟・十日町フェア』」を6月6日から11日まで開催いたします。

 当市の特徴である豪雪をテーマにコシヒカリ、アスパラ、妻有ポーク、雪下にんじんジュースなどの農産品・農産加工品や地酒などの販売のほか、当市の食材を使ったお食事処も開設いたします。このほか、伝統工芸士による手織り機を使ったはた織りや十日町産そば粉「とよむすめ」を使用したそば打ちの実演と体験教室を開催し、豪雪から生まれた当市の産業や伝統食も体感していただきたいと考えております。

 なお、6月6日正午から十日町きもの女王も参加し、オープニングイベントとして鏡開きを開催し、先着100名にコシヒカリのプレゼントをいたします。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。