記念式典市長式辞

更新日:平成28年2月15日

 本日ここに、十日町市制施行10周年記念式典を挙行するにあたり、公私何かとご多用のところ、新潟県知事をはじめ、ご来賓各位並びに多くの市民の皆さまからご臨席を賜り、厚く御礼を申しあげます。また、遠路、お越しいただきました友好自治体の皆さまにも深く感謝を申し上げます。

 さて、平成17年4月1日、十日町市・川西町・中里村・松代町・松之山町の5市町村による合併から10年目の節目を迎えました。合併に際しては、当時からその是非を含めてさまざまな議論がありましたが、私は、合併を選択したことは正しかったと確信しております。
 今の十日町市では、合併前の各市町村の強みが新市の強みとなり、足りないところは市全体で補う形ができあがりました。
 例えば、川西地域で息づいていた“協働のまちづくり”の気風は、新市でのまちづくりの基本的な考え方として相続され、浸透してきております。中里地域で伝統の消防団の団結力は、他の地域の消防団の意識を高め、市全体の防災力の向上に貢献しております。松代地域で脈々と築き上げてきた世田谷区、早稲田大学などとの交流は、一朝一夕には築けない絆として新市の大事な財産となっております。松之山地域の松之山温泉や美人林などの大自然の恵みは、世界に誇れる観光資源として新市の将来戦略にはなくてはならない宝物になっております。
 これら各地域の強みは、市経済の中心地である十日町地域を通じて相互に連携し、市の一体的な施策の展開に確かに生かされております。合併を決断していただいた当時の市町村長、議会議員の皆さまには、改めて心から敬意を表します。

 ところで、合併後10年の歩みを振り返りますと、決して順風満帆と言えるものではありませんでした。
 合併直後は前年10月23日に発生した中越大震災からの復興に全力を注がなければなりませんでしたし、その後も長野県北部地震や新潟・福島豪雨といった大規模災害が立て続けに発生いたしました。災害救助法が適用されるほどの豪雪にも毎年のように見舞われてきました。この難局続きに、私たちは時には絶望的な気持ちに襲われながらも必死に這い上がってまいりましたが、その中で、実に大きな次の時代につながる財産を手に入れることができたと思います。
 それは、十日町市を愛し、理解し、応援してくれる外部のサポーターの皆さんとの絆です。例えば、中越大震災後、初めての開催となった平成18年の第3回大地の芸術祭に向けては、運営ボランティアである「こへび隊」の若者たちが、「大地の手伝い」と称して、大挙して応援に駆け付けてくれました。地震で傷ついた廃屋などを見事に再生させるプロジェクトとともに、大地の芸術祭は、実にこの時から世界的な芸術祭としての現在の地歩を築き始めました。
 同じく震災により廃村の危機に直面した池谷集落へは、NPO法人「JEN」が災害ボランティアとして支援に駆け付けてくれました。その後池谷集落は見事復活し、そのご縁で地域おこし協力隊員や移住者を次々に迎え入れることになりました。現在、人口が増加に転じ限界集落からの脱却も果たしております。また、ふるさとを愛し、首都圏を中心に活躍されている十日町出身の皆さまからも、故郷の危機に際して、まさに物心両面にわたる温かいご支援をいただきました。多くの友好都市の皆さまからもたくさん訪問いただき、激励していただきました。「禍を転じて福と為す」と申しますか、計らずもピンチの度に十日町市のサポーターが増えてまいりました。本日は、サポーターの皆さまの代表ともいえる6名の方々に、感謝状を贈呈させていただきますが、今日の十日町市は、実に多くのサポーターの皆さまから、お支えいただいております。
 これからの十日町市は、強い絆で結ばれた市民とサポーターの皆さんが、共に地域を盛り立てていただくことで、さらに多くの人が集まり、刺激し合い、それによって志を持った市民が育っていくと信じております。
 この貴重な絆をさらに強固なものとし、市民一人ひとりが十日町市の成長を実感し、「やっぱり十日町市で生きて良かった」と心から思えるよう、全力でまちづくりに取り組んでまいります。

 結びに、当市では、市民協働を理念とした「十日町市まちづくり基本条例」を本年4月1日に施行いたしました。また、この程「十日町市まち・ひと・しごと創生総合戦略」をとりまとめ、更に今年度は「第二次十日町市総合計画」を策定しているところでございます。これからの十日町市の市政運営に当たっては、まちづくりの基本方針となるこの条例、及び5年先、更には10年先の進路となるこれらの構想・計画に基づき、着実に「選ばれて住み継がれる十日町市」の実現に取り組んでまいります。
 市民並びにサポーターの皆さまにおかれましては、引き続き、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げ、市制施行10周年のごあいさつといたします。

 平成27年11月1日
 十日町市長 関口 芳史

(写真)市制施行10周年記念式典市長式辞の画像

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 秘書係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3111
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら