十日町市民憲章

更新日:平成30年4月26日

十日町市では、合併10周年を記念し、市内の一体感を醸成し、よりよいまちづくりを進めるために、十日町市民憲章を制定しました。

十日町市民憲章

(画像)市民憲章全文

十日町市民憲章

十日町に生きる私たちは日本を生きる
日本に生きる私たちは世界を生きる
世界に生きる私たちは宇宙を生きる

私たちをつくるのはひとりひとりのヒト
ヒトはひとりでどう生きるかの技(アート)を求め
ヒトはヒトとどう創るかの技(アート)を究める

野に山にヒトは学び 里に町にヒトは勤しむ
縄文の炎を今日に伝えて 雪の白に明日を描き
限りない大空のもと 十日町市の大地に生きる

市民憲章が制定されるまで

市では、次の4つの考え方のもと、市民憲章の策定に取り組みました。

  1. 市民の思いや意見を取り入れて策定する。
  2. 詩歌として格調高く、品格があり、唱和しやすいものとする。
  3. 十日町市らしさを織り込む。
  4. まちづくり基本条例の理念にかなったものとする。

市民憲章により多くの市民の皆さんの思いを込めるため、市民憲章に込めたい思いをキーワードとして募集しました。
このキーワードを受けて、詩歌に造詣が深く、また、大地の芸術祭を通じて十日町市に縁のある詩人の谷川俊太郎さんから市民憲章を起草いただきました。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 協働推進係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3693
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら