地籍調査および住所表示変更とは

更新日:平成30年11月19日

 十日町市では、中心市街地の地籍調査事業および住所表示変更に着手しています 。

 

地籍調査とは

 人に氏名、生年月日などが記された戸籍があるように、土地にも所有者や地番、面積などがあり、これら一筆ごとの記録のことを「地籍」と呼びます。

 地籍調査とは国土調査法(昭和26年法律第180号)にもとづく国土調査事業の中のひとつで、土地の開発や保全および利用に役立てるため、一筆ごとの土地について、所有者や地番を調査し、筆界や面積を測量して「地籍」を明確にすることを目的としています。

(注釈)一筆とは、土地の所有権などを公示するために、人為的に分けた区画のことです。法務局では一筆ごとに登記され、土地取引の単位となっています。

 現在、法務局に備え付けられている公図の多くは、明治時代の地租改正事業により作られた字限図(あざぎりず)などをもとにしたものです。当時の測量は今日のように精密ではなかったため、土地の筆界や面積などが不正確であったり、土地の現状と記録が必ずしも一致していません。土地の実態について正確な記録を作るため、地籍調査によって改めて土地を正確に測量し、調査する必要があります。

 地籍調査により作成された「地籍簿」と「地籍図」は、その写しが法務局に送付され、土地登記簿が書き改められます。また、地籍図は不動産登記法第14条地図として、今までの公図と差し替えられます。

住所表示変更とは

市街地の紛らわしい住所を分かりやすい住所に整理します

 十日町市の正しい住所は土地登記簿の地番です。
 地籍調査事業で登記地番を整理し、分かりやすい住所に改めます。

「『十日町市辰甲〇〇番地』と言われても、どの辺りかわかりません。」
「わたしの住所は『十日町市本町〇丁目』です。」
「市街地には、住所が二つあるのですか?『辰甲〇〇番地』と『本町〇丁目〇〇番地』と・・・」

 このように、市街地の住所を表すとき、土地の所在(地番)と、行政区(町内名)の二通りが使われており、市民生活に不便や混乱が生じているので、次のように変更することとなりました。

行政区名を新たな町名(地番区域名)として整理します 

子・丑・寅などの地番符号を削除し、大字・小字にあたる町名(地番区域名)を行政区名に変更します。これによって、住所は「十日町市本町〇丁目〇〇番地」のように分かりやすくなります。

新しい住所表示(例)
  現行   変更後(予定)
 土地の表示  十日町市字東裏辰甲150番  十日町市本町二丁目150番
 住所  十日町市辰甲150番地  十日町市本町二丁目150番地
 本籍  十日町市辰甲150番地  十日町市本町二丁目150番地
 行政区  本町二丁目  本町二丁目(原則変更なし)

 

関連リンク

市街第1計画区 住所表示変更

市街第2・3計画区 住所表示変更

市街第4・5計画区 住所表示変更

市街第6・7計画区 住所表示変更

市街第8・9計画区 住所表示変更

市街第10・11計画区 住所表示変更

市街第12・13計画区 住所表示変更

この記事に関するお問い合わせ先
建設部 都市計画課 地籍調査係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-3342
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら