信濃川・清津川 「母なる大河との共生」

更新日:平成29年12月6日

 市内を流れる2つの川「日本一長い信濃川」「日本三大渓谷清津峡を育む清津川」を紹介します。

Facebookページ「とおかまち川ごったく」ロゴ

 川に親しむイベントの情報、信濃川や清津川の流況の情報、関係機関の川にちなんだ色々な「ごったく」を紹介していきます。

信濃川

母なる大河信濃川の河川環境改善に向けて

 信濃川は新潟県と長野県、2つの県にまたがって流れる日本一長い川(367キロメートル)です。 流域面積も国内では利根川、石狩川に次ぐ広さ(11,900キロ平方メートル)で、流量も豊富で、年間の流出量は約159億立方メートルと日本一を誇っています。古来、その清冽で豊富な流れは流域の豊かな自然を育み、肥沃な穀倉地帯を形成してきました。かつては鮭やサクラマスなどが群れをなし、川魚漁も盛んでした。しかし、豊富な水量と急勾配により、十日町市を中心とする信濃川中流域では、古くから国策として水力発電が行われてきました。長野県飯山市にある西大滝ダムから、十日町市の宮中取水ダム(中里地域)を経て、北魚沼郡川口町にある魚野川との合流点まで約63.5キロメートルの区間が、川の水量が極端に少ない「減水」状態となっていて、信濃川の景観不良、動植物の生態系及び河川滞留部における藻類の異常繁殖による水質の悪化といった問題が起きていました。

お知らせ

(写真)ラフティングの様子

東日本旅客鉄道株式会社と新たな覚書を締結しました

十日町市環境共生活動事業補助金

宮中取水ダムからの放流量が確認できます

協議会・委員会等

(写真)協議会の様子の画像

JR東日本発電取水総合対策市民協議会

信濃川のあり方検討委員会

信濃川のあり方検討委員会専門部会

十日町市が提出した共生策要望書とJR東日本からの回答をお知らせします

十日町市と東日本旅客鉄道株式会社が覚書・協定書・確認書を締結しました

信濃川中流域水環境改善検討協議会

宮中取水ダム試験放流検証委員会

JR東日本株式会社の発電施設

(写真)宮中取水ダムの画像

宮中取水ダム及び信濃川発電所の施設紹介

JR宮中取水ダム魚道・魚道観察室

JR東日本株式会社の不適切事案

(写真)宮中取水ダムの遠景の画像

JR東日本株式会社信濃川発電所不適切事案による水利権取消処分

清津川

ふるさとの清津川を守るために

 清津川は、新潟県の湯沢町から十日町市へ流れる信濃川の支流です。清津川の下流には、国の名勝・天然記念物に指定され、日本三大渓谷として有名な「清津峡」があり、観光シーズンになると多くの観光客で賑わいます。しかし、清津川の水は南魚沼郡湯沢町三俣(みつまた)地内にある取水口から取水され、発電に利用された後、清津川に戻ることなく、別水系の魚野川に放流されています。上流部での発電取水・流域変更の影響から、流水不足による景観不良、動植物の生態系の悪化等といった問題が起きています。 また、魚沼コシヒカリの産地でもあり、かんがい用水の十分な確保にも支障を来しています。

お知らせ

(写真)清津川さかなまつりの様子の画像

十日町市環境共生活動事業補助金

協議会・委員会等

(写真)協議会の様子の画像

清津川・魚野川流域水環境検討協議会

魚野川流域水資源確保検討委員会

清津川分水問題

(写真)清津川取水口の画像

清津川分水問題について協定書が締結されました

清津川への暫定試験放流

清津川上流の発電・取水施設

(写真)清津川発電所の画像

清津川導水マップ(PDF:607.4KB)

この記事に関するお問い合わせ先
建設部 建設課 克雪利水係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-9932
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。