川西有機センター

更新日:平成28年2月15日

(写真)収集の画像

川西地域では、家庭内の生ごみ等を収集し堆肥化をしています。
川西地域で出される生ごみ(各家庭、事業所、給食センター、保育園)や有機未利用資源(きのこ廃菌床、もみ殻、発酵豚糞)を堆肥化し、有機資源を循環させた継続可能な循環型農業に活用しています。

川西有機センター概要
管理運営 川西有機センター管理組合
十日町市木落18番地2
電話:025-768-2008
事業名 バイオマス利活用フロンティア整備事業(農林水産省補助事業)
発酵方式 吸気・送気微生物発酵方式
計画能力 1日あたり処理量 4.9トン
(生ごみ1.5トン、発酵豚糞1.5トン、きのこ廃菌床1.8トン、籾殻0.1トン)
年間堆肥生産量 600トン

生ごみ収集と堆肥散布

川西地域(約2千3百世帯)の各家庭は、水切りバケツに家庭内の生ごみを保管し、1日おきに全町内のごみステーションにおいてあるポリ容器に搬入します。それを管理組合が収集し、有機センターで堆肥化しています。
堆肥散布は、バラ堆肥をフレコンのパックに入れ、ほ場に運搬、機械で散布しています。
袋詰め堆肥(15キログラム)は、「ニューエコっぺ」という名で販売しています。

(写真)回収の画像

(写真)施設の画像

この記事に関するお問い合わせ先
川西支所 地域振興課 地域振興係

所在地:〒948-0192 新潟県十日町市水口沢12番地(川西庁舎2階)
直通電話番号:025-768-4951
ファックス番号:025-768-3828

メールでのお問い合わせはこちら