【重要有形民俗文化財】越後縮の紡織用具および関連資料

更新日:平成29年11月30日

(写真)越後縮の紡織用具の写真です

展示室の様子

越後縮(えちごちぢみ)とは、近世越後を代表する産物として知られた麻織物です。その主産地は魚沼郡、中でも十日町を含む妻有地方でした。指定された品々は、この麻織物(縮)生産の工程で使用された用具類と製品に加え、周辺の生活習俗資料や縮商い用具を含めて構成されています。


特に、縮織りの紡織工程が一貫して理解できるように原料調製用具を含め、苧績み(おうみ)、撚掛け(よりかけ)、整糸(せいし)、機織り(はたおり)などの用具が順を追って多数収集されていることが特徴です。又、貴重な江戸時代以降の着物類も多くあります。


さらに、縮生産を担った女性たちに視点をあてて、家事・育児用具や灯下(とうか)、暖房用具などが仕事場用具として位置づけられ、彼女たちの心情をうかがうための奉納幡に象徴される信仰儀礼用具も網羅されています。加えて縮の取引きを裏づける帳簿類、『越能山都登』(こしのやまつと)、『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)などの縮に関する文献も収められており、越後縮に関する資料を体系的整理した一大コレクションとして高い評価を受けています。

詳細については、下記リンク「十日町市博物館」をご覧ください。

越後縮の紡織用具及び関連資料に関する情報

越後縮の紡織用具及び関連資料のご案内
文化財名 越後縮の紡織用具及び関連資料
所在地 十日町市博物館(展示)
ホームページURL 十日町市博物館
交通手段 JR飯山線、北越急行ほくほく線「十日町駅」(西口)から徒歩10分
越後交通「本町6丁目停留所」から徒歩10分
問い合わせ先

十日町市博物館
〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1
電話:025-757-5531 ファックス:025-757-6998

開館時間 午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月27日 ~ 1月4日)
利用料金 一般300円(中学生以下無料)/団体250円(20人以上)
駐車場(台数) あり
備考  

 

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク(PC)

十日町市博物館>常設展示>越後縮の紡織用具及び関連資料(重要有形民俗文化財)

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化スポーツ部 文化財課 文化財保護係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1(十日町市博物館内)
直通電話番号:025-756-5015

メールでのお問い合わせはこちら