○十日町市博物館条例

平成17年4月1日

条例第112号

(設置)

第1条 市民の教育、学術及び文化の向上を図るため、博物館法(昭和26年法律第285号。以下「法」という。)第18条の規定に基づき博物館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 博物館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

十日町市博物館

十日町市西本町一丁目382番地1

(平28条例53・一部改正)

(職員)

第3条 十日町市博物館(以下「博物館」という。)に館長、学芸員、事務職員その他必要な職員を置く。

(博物館協議会)

第4条 博物館に法第20条及び第22条の規定に基づき、十日町市博物館協議会を置く。

2 博物館協議会委員(以下「委員」という。)の定数は、10人以内とし、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、十日町市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任命する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、委員の欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平24条例12・一部改正)

(入館料)

第5条 博物館の展示資料を観覧する目的で入館しようとする者は、別表第1に定める入館料を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、特別な展示を行う場合は、教育委員会がその都度定める額を徴収することができる。

3 教育委員会は、特別な事情があると認める場合は、入館料を減額し、又は免除することができる。

(会議室等の使用料)

第6条 博物館の会議室等を利用する者は、教育委員会の承認を得て利用開始前に別表第2に定める使用料を納付しなければならない。

2 教育委員会は、特別な事情があると認める場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。

(損害賠償)

第7条 博物館の建物、設備資料等を損傷した場合は、教育委員会が相当と認めた損害額を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない理由があると認めたときは、教育委員会は、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の十日町市博物館条例(昭和52年十日町市条例第25号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年3月31日条例第18号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月19日条例第12号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月19日条例第53号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表第1(第5条関係)

(平18条例18・一部改正)

入館料

区分

金額

一般(高校生以上)

300円

団体(20人以上)

250円(1人につき)

別表第2(第6条関係)

使用料

区分

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

特別展示室

6,000円

8,000円

集会室

3,000円

4,000円

会議室

小会議室

900円

1,200円

備考

1 利用時間には、準備及び原状に復するために要する時間を含むものとする。

2 特別展示室において冷暖房を使用する場合の使用料は、この表に規定する使用料の2割相当額を加えた額とする。

十日町市博物館条例

平成17年4月1日 条例第112号

(平成28年12月19日施行)