○十日町市西戸屋公園施設条例

平成17年4月1日

条例第235号

(設置)

第1条 住民の健全な野外レクリエーションの普及発展を図るとともに、自然に親しむことや健康増進に資するため、十日町市西戸屋公園に必要な施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

清田山キャンプ場

十日町市清田山己1742番地

重地大池自然観察広場

十日町市重地丁3114番地

(平29条例14・一部改正)

(管理運営)

第3条 施設は、市長がこれを管理運営する。ただし、必要に応じ管理の一部を委託することができる。

(利用の許可)

第4条 施設を利用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(利用の制限)

第5条 次の各号のいずれかに該当する者は、施設を利用することができない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められる者

(2) 施設器具類を損傷するおそれがあると認められる者

(3) 管理上支障があると認められる者

(4) その他不適当と認められる者

(禁止行為)

第6条 公園内において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公益に反すると認められること。

(2) 樹木鳥獣及び動植物、魚類を損傷すること。

(3) その他公園の目的を妨げること又は管理の必要上市長の指示によって禁止すること。

(使用料)

第7条 施設を利用しようとする者は、別表に定める使用料を前納しなければならない。ただし、市長が特別な事情があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責任によらないで、全く利用できなくなったとき。

(2) 利用の変更又は取消しを申し出て、許可を受けたとき。

(3) 天災その他やむを得ない事由で利用できなくなったとき。

(損害賠償)

第9条 利用者は、故意又は過失により施設、設備、器具等を破損した場合は、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の中里村公園設置条例(昭和58年中里村条例第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成26年3月24日条例第9号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日条例第14号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

(平26条例9・平29条例14・一部改正)

施設名

区分

使用料

清田山キャンプ場

広場

無料

コテージ(1棟につき)

1泊2日(13時から翌朝10時まで)

基本額 10,000円 人数割1人1,000円

テントサイト(1区画につき)

24時間以内 1,000円

休憩室(1人につき) 小人は半額

半日 200円

1日 500円

17時から翌朝10時まで 1,000円

シャワー

1回 100円

コインランドリー

1回 150円

オートキャンプ場(1区画につき)

24時間以内 2,000円

重地大池自然観察広場

休憩室 1団体30人まで

平日

11時から16時まで 4,000円

17時から翌朝10時まで 7,000円

11時から翌朝10時まで 10,000円

土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する祝日(以下「祝日」という。)

11時から16時まで 10,000円

17時から翌朝10時まで 20,000円

11時から翌朝10時まで 25,000円

シャワー

1回 200円

備考

1 清田山キャンプ場のコテージは、土曜日及び祝日前の使用料を表示。平日は半額とする。

2 小人とは、小学生をいう。

3 附属設備の使用料は、規則で定める。

十日町市西戸屋公園施設条例

平成17年4月1日 条例第235号

(平成29年4月1日施行)