○十日町市まつだい蒲生地区下請等共同作業施設条例

平成17年4月1日

条例第246号

(設置)

第1条 地域に就労の場の拡大を図り、もって地域の産業振興と住民福祉の向上に資するため、下請等共同作業施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 下請等共同作業施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

十日町市まつだい蒲生地区下請等共同作業施設

十日町市蒲生1588番地1

(管理運営)

第3条 十日町市まつだい蒲生地区下請等共同作業施設(以下「共同作業施設」という。)は、市長がこれを管理運営する。ただし、必要に応じ管理の一部を委託することができる。

(利用許可)

第4条 共同作業施設を利用しようとする者は、規則で定めるところにより、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可に係る共同作業施設の利用が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、許可しない。

(1) 共同作業施設における秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 共同作業施設を損害するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、設置の目的に反するとき。

(利用許可の取消し等)

第5条 市長は、前条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、その利用の許可を取り消し、又はその利用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) 前条第2項各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(2) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(使用料)

第6条 利用者は、別表に定める使用料を納入しなければならない。

2 市長が、特に必要と認めたときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(損害賠償)

第7条 故意又は過失により共同作業施設の施設、設備、備品等を滅失し、又は損傷した者は、市長の指示するところに従い、その損害を賠償し、又はこれを原状に回復しなければならない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の松代町共同作業施設の設置及び管理に関する条例(平成3年松代町条例第35号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

別表(第6条関係)

施設使用料

年額

30,000円

十日町市まつだい蒲生地区下請等共同作業施設条例

平成17年4月1日 条例第246号

(平成17年4月1日施行)