○十日町市越後松之山「森の学校」キョロロ職員住宅管理使用規程

平成22年3月18日

教育委員会訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、十日町市越後松之山森の学校キョロロ職員住宅(以下「住宅」という。)の管理使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 住宅の名称及び位置等については、別表のとおりとする。

(管理)

第3条 住宅の管理は、越後松之山森の学校キョロロ(以下「森の学校キョロロ」という。)が行う。

(入居資格)

第4条 住宅の入居資格は、次に定めるものとする。

(1) 森の学校キョロロに勤務する職員等で教育長が適当と認めたものであること。

(2) 前号の職員等と生計を一にする者であること。

(3) 森の学校キョロロに勤務する職員等で入居するものがないときは、教育長が適当と認めた者に条件を付して一時貸付を許可できる。

(入居手続)

第5条 前条に規定する入居資格のある者で住宅に入居しようとするものは、別に定める住宅入居申請書を提出し、教育長の許可を受けなければならない。

(移動退居手続)

第6条 前条の許可を受けた入居者が入居資格を失ったとき、又は入居の必要がなくなるときは、その日から10日前までに別に定める移動退居報告書を教育長に届け出なければならない。

2 入居者は、移動退居報告書を受理された日より10日以内に教育長の検査を受け、その住宅から退居しなければならない。

(入居料の決定及び変更)

第7条 住宅の入居料は、別表のとおりとする。ただし、物価の変動その他教育長が必要と認めたときは、変更することができる。

2 月の途中で入居し、又は退居した場合の入居料は、日割計算とする。

(入居料の納付)

第8条 入居料は、別に定める納付通知書により毎月25日までに、その月分を納付しなければならない。

(入居者の管理義務)

第9条 入居者は、住宅の使用について必要な注意を払い、これを正常な状態で維持管理しなければならない。

2 入居者は、住宅を他の者に利用させてはならない。

3 入居者が自己の責めに帰すべき理由によって住宅を滅失し、又はき損したときは、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(入居者の費用負担義務)

第10条 次に掲げる費用は、入居者の負担とする。

(1) 電気、ガス、水道、電話等の使用料

(2) 破損ガラス取替え、戸、障子の張替えその他社会通念上入居者が負担することを相当とする費用

(3) その他教育長が別に指示する費用

(入居者の権利譲渡の禁止)

第11条 入居者は、居室その他の施設を他の者に転貸し、又はその入居の権利を他の者に譲渡してはならない。

(目的外使用の禁止)

第12条 入居者は、次に該当する行為をしてはならない。ただし、あらかじめ教育長の許可を得たときは、この限りでない。

(1) 住宅の一部を住宅以外の用途に使用すること。

(2) 住宅の模様替えをし、又は増築すること。

(明渡しの請求)

第13条 教育長は、入居者が次の各号のいずれかに該当する場合は、入居の取り消し、住宅の明渡しを請求することができる。

(1) 不正の行為によって入居したとき。

(2) 入居料を3か月以上滞納したとき。

(3) 住宅又は備品を故意に滅失し、又はき損したとき。

(4) その他この訓令に違反したとき。

2 前項の規定により住宅の明渡しの請求を受けた者は、速やかに住宅を明け渡さなければならない。

(立入検査)

第14条 教育長は、住宅の管理上必要があると認めたときは、住宅の立入検査をし、適当な指示をさせることができる。

2 前項の検査を行う場合は、あらかじめ入居者の承諾を得なければならない。

(その他)

第15条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この訓令は、公布の日から施行する。

別表(第2条、第7条関係)

住所

住宅名

建築年度等

月額入居料

備考

十日町市松口下原1292

雪華寮

平成16年買取り

15,000円

一戸建

十日町市越後松之山「森の学校」キョロロ職員住宅管理使用規程

平成22年3月18日 教育委員会訓令第3号

(平成22年3月18日施行)