○十日町市清津峡渓谷歩道トンネル条例施行規則

平成29年3月31日

規則第29号

十日町市清津峡渓谷歩道トンネル条例施行規則(平成17年十日町市規則第175号)の全部を改正する。

(管理運営の基本的方針)

第2条 十日町市清津峡渓谷歩道トンネル(以下「トンネル」という。)を管理する者(以下「指定管理者」という。)は、トンネルを常に清潔かつ安全な状態に保たなければならない。

(開抗期間)

第3条 トンネルの開抗期間は、毎年4月1日から翌年の1月15日までとする。ただし、天候その他の状況に応じて必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(開抗時間)

第4条 トンネルの開抗時間は、午前8時30分から午後5時までとする。

2 市長は、前項の規定にかかわらず、必要と認めるときは、開抗時間を変更することができる。

(トンネルの管理)

第5条 トンネルの管理については、次に定めるところによる。

(1) 管理運営に要する経費は、指定管理者の負担とする。

(2) トンネルの修繕及び改修に要する経費の負担は、市長と指定管理者が協議する。

(3) 指定管理者の指定期間及び指定管理委託料その他必要な事項は、市長と指定管理者が協定を締結する。

(4) 市長は、トンネルの指定管理者の業務又は経理の状況に関し、報告を求め、実施について調査し、又は必要な指示をすることができる。

(入坑者の遵守事項)

第6条 入坑者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 危険のおそれのある行為をしないこと。

(2) 他人の迷惑になる行為をしないこと。

(3) 環境保全に反する行為をしないこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が必要と認めた指示に従うこと。

(利用料金の決定)

第7条 指定管理者は、条例第9条の規定に基づくトンネルの入坑に係る料金を定める場合は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。変更しようとする場合も、同様とする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

十日町市清津峡渓谷歩道トンネル条例施行規則

平成29年3月31日 規則第29号

(平成29年4月1日施行)